日記みたいなもの

[ HOME日記TOP記事検索携帯用URL管理用 ]
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

2012/12/11(Tue) 12/10とび級プログラム MAIL 

東京に戻りました。
まだしばらく東京と広島を半々で行ったり来たりします。

半月振りにスケザネ(My 猫)。
すごく懐いて来て、うれしくて目がじんわり。

本上映まで時間がかかるとここでも書いてますけど
ほんとうにまだまだ時間がかかる予定で

たしかに映画祭での上映が想像以上に決まっていて
その部分は順調で。
でもじゃあ大丈夫じゃん。
という感じでもなく。

もちろんほかに全然なにも動いてないという訳でもないのだけれど
不安はやはりいろいろと出て来る。

出て来るよねー笑。

ただ一方ぼくはこの「父の愛人」をほんとうに

たくさんのひとに観てもらいたいんだ。

という気持ちを無くしたことがない。

ものすごく観てもらいたいんです。

僕はこの映画を必要としているひとがいると思っている。

自分がひとりだとおもってしまっている人。

いまの苦しさがもう呼吸困難で、動きたくても動けないとおもっている人。

信じたり、愛したりということが苦しくて、できないとおもっている人。

自分なんてもうどうでもいいっておもっている人。

色々なことが難しすぎて苦しくなってしまってとおもっている人。

届けたくて、観てもらいたくて、

ここまで書いてわかるように、というかもう誰もが気付いていると思うのだけど
僕は、そんな僕だった僕に、この映画がとても力をくれたと思ってます。

僕なんかほんとうにいわゆる芸術家みたいなすんごい変わった人間ではないと思うし
もう泣いて笑って落ち込んでなひとりの人間です。

そんな僕が信じていてとても力をくれたと思っているから
ほんとうにみなさんに届けたいです。

心から。

近いうちに英語版ですが予告編を父の愛人サイトの方にアップします。

よろしくお願いします。

迫田


   

   


2012/12/02(Sun) 12/02 Festivus Film Festival 映画祭上映決定!とび級プログラム MAIL 

2月20日から24日にかけて開催されるコロラド州デンバーの
Festivus Film Festivalにて「父の愛人」上映が決まりました!
Official Selection.

特にフィルムメイカーと観客の方々へのホスピタリティが優れていると
アメリカの Moviemaker Magazine にて取り上げられている映画祭です。
来月パブリックアナウンス解禁になる映画祭をいれると7つ目の映画祭
上映になります。

正直なところ、こんなに映画祭に呼んでもらえるとは予想してませんでした。
「父の愛人」は、自分ではとても良い作品で、僕が世界一好きな映画であるとは
言っていたのだけれど、映画祭での入選具合は、?と思ってて、地味だし、もしかするとそんなに革新的な映画ではないのかも知れないとは思っていて、それがこんなに映画祭に評価してもらえるとは思っていませんでした。
映画祭至上主義では、僕自身無いからということもあります。
僕は今まで何本か映画を作ってきたのだけど、グランプリをもらったことが無い。
入選どまりの迫田、と言われたこともある。
映画ってとても厳しくて、グランプリ作品の監督以外はすぐに辞めてしまうか、あきらめてしまうことが多くて、それは本当に仕方ないことだと思う。
けれど僕は、それは良いことなのか?と思う。
グランプリ以外の作品は価値がないのか?もっと言うと入選外の作品には価値がないのか?
僕はグランプリ監督では無いのに、現在まで続けている。
そしてこれは自分で言うのもなんなのだけど誇りに思ってます。
続けることが大事。とかでは無くって、なんて言っていいのか。

映画祭に通っていくこと、誇りに思っている。
それと同時に、それの有無に関わらず、上映を目指してできることを
やっている自分を誇りに思っています。

なんか自分のことばかり言ってしまって笑。

皆さんに是非僕たちの映画父の愛人を観ていただきたいです。


       


2012/12/02(Sun) 12/2とび級プログラム MAIL 

現在広島におります。

広島アステールプラザでオペラ魔笛を観に行ってきた。友人の山岸玲音が出演していて招待してもらった。レオンとは、大学生の頃、イメージフォーラムという実験映像の学校に行っていた時の友達で同じ広島出身ということもあり仲良くしていたのだけれど、レオンは広島に帰って10年間オペラをやっていて、楽屋に挨拶行ったときに「叩き上げて10年やで」みたいなこと言われて、それだけのことはあるなと思った。
 前から3列目を用意してくれたんだけど、演出で(公演終わったからいいよね)客席の近くで演る箇所が
あって、そのとき、歌う箇所、台詞を言う箇所の合間にお客さんに分からないように息をばーっと整えているところがみえて、思わずうーっとなってしまって涙ぐんでしまった。これは僕の浪花節的な性格で笑泣いてしまったんだけれど、作品自体も全体が全体として機能して迫力があって。
オペラとか、伝統芸能だと思うし様式美な部分が強いのかなと思っていたのだけれど、そんなこと全然なくて、やっぱりひとが作っているもので。
僕は映画を監督したけれど(していると言い直します笑)芸術至上主義では無くって、芸術が全て!とは思っていないのだけれど、「モノを作る」ということの大切さというか切実さというか、感動した。
とても仲良かったから、口惜しいんだけど笑。
感動した。
行って良かった。


   

   


2012/11/24(Sat) 11/23 コメント撮影なんかしちゃったりしました。とび級プログラム MAIL 

下北沢kameraにて撮影させてもらいました。

そしてkameraのマドンナ、だーしーちゃんにも特別出演してもらった笑。

先ほど、指定のQuicktimeファイルに変換しまして、
これで提出資料すべて揃ったような気がします。
というか英語だからよく分からない。。。

それらをDVDに焼いて、郵送で終わり。

それから広島に半月ほど戻ります。

せわしなし!


   

   


2012/11/23(Fri) 11/23 英語版予告編できましたとび級プログラム MAIL 

英語版予告編、完成しました。
来月のどこかのタイミングでアップ致しますので、
その時はどうぞご覧くださいませ!

ということで明けて今日の夜は映画祭用コメント撮影。カメラマンは助監督の船木君笑。

またも友人の中野久美子さんに英語訳していただいた。ありがとうございました!


せっかくだから音楽の木幡さんバンド avengers in sci-fi のTシャツを着ようということで
マネージャーの宮下くんにもらってきました。

どれを着よう。どれもかっこいい。。。

歯が痛いのが、とても心配です。

それでは、そろそろ寝ます!


   

   


2012/11/22(Thu) 11/22 予告編つくりとび級プログラム MAIL 

1月開催の国際映画祭で「父の愛人」上映が決まりました!
アナウンスはまだできないのですが。

そして提出資料がとても多い。。。

マストで予告編が必要とのことで。。。

25日には郵送に出さないと間に合わないので予告編をいま作ってます。
一から作ってます。。。。時間が無さ過ぎるのでテロップの演出とか
素材を作る余裕が無いので。。。
質実剛健な笑、予告編(海外向け)になりそうです。。。

そして僕のコメント映像も必要とのこと。。。
ということで avengers in sci-fi のマネージャー宮下くんに電話して
Tシャツもらうことに。それ着て喋るです。
助監督の船木くんに撮ってもらう予定。
どこで流れるかは良く分からないです。サイトかな?
もしそちらご覧いただけたら、緊張して英語的なこと喋ってる迫田を笑ってやって下さい。

他も諸々。。。

そうそう予告編なんですが、もちろんのこと
木幡太郎さん(avengers in sci-fi)の曲に乗せてるのだけれど

あらためて楽曲の良さにしびれてます。
もうほんとね、めっちゃ良いから!

予告編のアイデア考える時、曲を聴きながらやるんですが

曲が良くて、泣く。。という。。。

泣いてしまい、アイデアを出すのを忘れるという。。。

というか鬼スケジュールにも泣けてくるという。。。

先日のFestival CINE//B、スペイン語字幕事件
でかなりやばかったんですが、一仕事終えたーと思ってたら。。。
あ、明日から30日までChileのSantiego, Festival CINE//Bで「父の愛人」上映あります!

そんなこんなで、まあ泣き言も言わせて頂きつつ、ひとつずつ頑張ります。

宜しくお願い致します!

迫田


       


2012/11/20(Tue) 11/19とび級プログラム MAIL 

今日はある作品の撮影現場を見学させていただきました。
One and Only な監督の方で、作品も今まで観させていただいたことがあったのですが、
その作品群からは、今思えば通じていくように思えるのですが、なんというか温厚で穏やかな方で。
現場感も、僕が言うのもとても僭越なのですが、暖かくて、そして強い眼差しで
すごかった。
現場の一体感。
モノを作る。ということは素晴らしいと僕個人的には思ってるのですが
それはさて置いても、何かに向かって懸命に取り組む。仕事。

敢えて言葉にはしないですが、とても感銘を受けて、自分のなかでも
ふつふつとしました。

とても勉強になりました。


       


2012/11/12(Mon) 11/12 Award for best actress@Beverly Film Festivalとび級プログラム MAIL 

「父の愛人」が上映されたBeverly Film Festivalですが

主演の河野知美さんが
ベストアクトレス賞を受賞しました。

良かった。

ほんとにうれしいです。


       


2012/11/11(Sun) 11/11 その2とび級プログラム MAIL 

現在単身渡米中の主演、河野知美さんのFacebookが

渡航日記のみ全体公開になりました。

是非、ご覧いただければ。

そして「いいね!」的なもので応援いただければ幸いです。

よろしくお願いいたします。

河野さんのFB


       


2012/11/11(Sun) 11/11とび級プログラム MAIL 

なんとかこうとかスペイン語字幕付きのBlu-rayとDVD完成した。

また色々な方々にお世話になりました。本当にありがとうございました。

待ってろ Festival cine//B !

過去のcine//B情報サイト見つけました。ここ
楽しそう!


       


2012/11/10(Sat) 11/9とび級プログラム MAIL 

チリの映画祭 Festival CINE//B
での「父の愛人」上映なのですが
スペイン語字幕上映がマストだという連絡がきて
右往左往しておりました。

結局、映画祭さん側でスペイン語訳をしてくださるとのことで一安心したのですが
届いたのがSRTファイルというタイムコードにダイレクトにスペイン語が入ってるもので

要するに、ファイナルカットやDVDスタジオに乗っからないという。。。

そして色々コンバートを調べても英語だらけで。。。

SRTファイル自体もテキストで読めなくて。。。

あきらめかけたのだけど、さきほど無理矢理エクセルで開くこと判明。。。

だけどスペイン語訳が一部文字化け。。。

パンフ翻訳してくれた友人の新井くんに急遽連絡を取り(グアテマラに2年間在住してた)
所々の文字化けをスペイン語に直せないかとお願いして、やってもらった。

というか、いまリアルタイムでやってもらっている。

それが出来次第、映像の方に字幕付ける編集に。

と、いま書いている間に、まさかの文字化け解消。。。

色々な方にご協力と言うかご迷惑をかけて。。。

すみません。

編集開始します。

迫田


       


2012/11/07(Wed) 11/7 その2とび級プログラム MAIL 

昨晩東京に戻って来ました。
当分、広島と行ったり来たりの生活になります。

昨晩はMt.hood渡航組の河野知美さんと
船木俊作くんと下北沢で打合せというか
ご報告会みたいな集まりをしてお土産などいただいた。

Tシャツ!うれしいです。

今日は夜に「父の愛人」脚本の西蔵さんとひとまず初上映と
映画祭いくつか上映おめでと会を二人で。
感慨深い。

うちの近くのセブンイレブン前であの脚本、
映画にしたいんだ。と言ってから
何年たったんだろう。

脚本改訂してから、スタッフ集めて、準備して、撮影して、
編集して、映画祭上映してもらって

本上映をするまで。

お客さんに観てもらってようやくその映画は完成する。
という言葉があって、僕はその言葉をとても信じて
いて、要するに現段階はまだ「父の愛人」という作品は
本上映をしていないという意味で完成してなくて。
できることをやって、少しでもそれに近づけるように進むしかないのだけれど。

でも、今日は西蔵さんとひとまずのお疲れさまを言い合えればなあと思ってる。


   

   


2012/11/07(Wed) 11/7とび級プログラム MAIL 

舞台のお知らせいただきました。
以下

_____________________________

木村和広です。

私木村が所属する
おしゃれ紳士×梅棒が
11月21日(水)、一日オンリーの公演を青山円形劇場にて行います。

チケットは今回4000円と高めです。すみません。
しかしながら紳士どもが一足早い最高に楽しいクリスマスをお届け致します。

公演時間は16:00と20:00の二回!

特に今回は16:00の回がオススメです。

チケット予約しても良いよという方、まだわかんないけど是非行きたい方連絡下さ〜い

ちなみに
おしゃれ紳士?
梅棒?
って何?
という方
それぞれホームページ
ご覧ください!

よろしくです!

それでは以下詳細を

おしゃれ紳士×梅棒@青山円形劇場
『オシャレ紳士と梅棒のシャレード・ビフォア・クリスマス』


★2012年11月21日(水)、おしゃれ紳士×梅棒が青山円形劇場で公演★

BS-TBS主催で、平日1DAYのスペシャルプログラム♪
皆様、是非お誘い合わせの上、ご来場ください!!

日時 : 2012.11/21.WED 16:00 START & 20:00 START
※開場は開演の30分前となります。

会場:青山円形劇場

前売チケット:4,000円(全席指定・税込)

●10/17(水)〜21(日)の梅棒単独公演会場にて、チケット先行発売!
●各プレイガイド(ぴあ、ローソン、e+)にて、10/20(土)10:00より一般発売開始致します!

◆電子チケットぴあ
http://pia.jp/t TEL:0570-02-9999 (Pコード:424-884)
◆ローソンチケット
http://l-tike.com/ TEL:0570-084-003 (Lコード:31522)
ローソンチケットお問い合わせ:0570-000-777
◆e+(イープラス)
http://eplus.jp/
・チケットに関するお問い合わせ(団体扱い分除く) オデッセー 03-5444-6966(平日11:00〜18:00)
・その他、お問い合わせ info@oh-charade.com まで。

____________________________


さらなるご活躍をお祈りしております。
迫田


       


2012/11/04(Sun) 3日目レポート その10とび級プログラム MAIL 

映画祭も終わりました。
この渡米の目的も終わりました。

目標であった「映画祭に貢献する」というのは十分に達成できました。
映画を観てもらい、考えてもらい、感想をもらう。
このルーティーンというのは、制作者にとっても、鑑賞者にとっても非常に大事な行為であって、
両者のプラスにつながります。
映画祭を通じて、映画を通じて価値観を変えることができたらと監督も常々言っていました。
そのことをまじまじと考えさせられる機会になりました。

映画祭に招待してくれたダンに感謝し、
僕たちを受け入れてくれたフッドリバーの皆さんに感謝します。

ありがとうございました。

「父の愛人」は、次々と冠をつけていきます。
はじまりは小規模の映画祭かもしれませんが、最終的には冠の大きさがどうななるか分かりません。

この映画を観てくれた全ての人に感謝の気持ちを忘れず、
これからも「父の愛人」は邁進していきます。

皆々様、これからもよろしくお願いします。


       


2012/11/04(Sun) 3日目レポート その9とび級プログラム MAIL 

そのあと、
この街にふたつある日本食屋のうちのひとつ「KAZE」に行きました。
風、という何とも日本語らしい言葉を店名にするなんて単純だなと感心していました。

ここで、寿司や厚揚げ豆腐、生姜焼きなど日本食をいただきました。


   

   


121件〜135件(全873件)
/→  4 | 5 | 6 | 7 | | 9 | | 11 | 12 | 13
<RSS>

Powered by WebSpace