日記みたいなもの

[ HOME日記TOP記事検索携帯用URL管理用 ]
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

2013/01/21(Mon) 1/21とび級プログラム MAIL 

Irvine国際映画祭で上映いただいている「父の愛人 my father's mistress」の
舞台挨拶の為、渡米している出演頂いた河野知美さんよりいろいろと華やかな連絡を
受けてます。

マークライデルさんとディナー!
ジェイソンリー監督と話しをした!
TV取材2本受けた!

一方その頃迫田はおうちでインスタントラーメン!笑。

Irvine国際映画祭

ウディアレン監督作品「さよならさよならハリウッド」めちゃ好きで、マークライデルさん
出演されてて、こりゃすごい。

そして、最大の謎?迫田は監督でありながら何故映画祭に行かないのか?

それは、僕鬱病経験者なので体調優先と日本で色々とやることもあり。
映画祭になかなか行けなくてとても残念なんですがこれもまた僕の道。

体調万全となり日本でのことも軌道に乗ったら行けることもあるかも知れません笑。
そんな良いタイミングの映画祭にこれから入選することあるのか?

なかなか色々と予定を立てづらいことになっとりますが、
これまで同様、大切なことを大切にして、自分のペースでがんばりまっす!


       


2013/01/16(Wed) 1/16とび級プログラム MAIL 

1月17日から開催されるIrvine International Film Festival にて
「父の愛人:my father's mistress」が上映されます。
上映は18日1:45 PM より。
出演の河野知美さんが渡米されます。
良い旅となりますことを。
...
そしてご覧頂く観客の方々にとって「父の愛人」が良い時間となりますように。
心から願っております。
やっぱり上映はとてもうれしいです!

アーバイン国際映画祭ラインナップ


       


2013/01/09(Wed) 1/9とび級プログラム MAIL 

今月に開催される Irvine International Film Festival
2月に開催される Festivus Film Festival
にて「父の愛人:my father's mistress」
のラインナップが発表されました。

Irvine ここ

Festivus ここ

ご覧頂ければうれしいです!


       


2013/01/06(Sun) 1/5とび級プログラム MAIL 

広島におります。

今日はお墓参りに。祖母を亡くしてから結局一度も行けてなかった。
初孫だった僕はほんとうにおばあちゃんに愛してもらえて
それを返すことができているのか、これから返すことができるのか。

でも返すなんておこがましいよね。
親とか親戚とか少しでも年長のひとたちより
少しでも長生きをして人生を楽しんでいきたいと今は思う。

僕は年長の人をまず尊敬しているのだけれど
その理由は、僕よりも人の死、身近なひとの死を見送っているということが
大きくあって、僕も何人か、友人も含めてその死を見送った。
それはもうとてもとてもつらかった。
誰のせいでもない。
でもきつかった。
ここ数年、自分の病気もあったり、「父の愛人」を監督したり
その間に大切なひとを何人も見送った。

そのひとたちに何も返すことはできないと思う。
けれど僕ができることは、なんとか踏ん張って生きていく
ということだけだと思う。

写真は、いまおばあちゃんがいつも見ている風景。

頑張ったり、そして休んだりしながらも。
当たり前だけど、人生を歩む。


   

   


2013/01/01(Tue) 1/1とび級プログラム MAIL 

元旦。
あけましておめでとうございます。
旧年中はみなさまに大変お世話になりました。
どうぞ今年もよろしくお願い致します。

何年ぶりだろう?というくらい久しぶりに実家での年越しとなりました。

こちらの日記読んでくださった方々、友人、家族を含めた大切な方々にとって
今年も良い年となりますよう心からお祈り申し上げます。

今年もどうぞよろしくお願い致します。


   

   


2012/12/31(Mon) 12/31とび級プログラム MAIL 

久しぶりの実家での年越し。カキ食べ放題となっております。 今年も色々な方々にお世話になって、そして久しぶりに映画を作ることができて本当にうれしかったです。なかなか良い年齢になってきましたけれど、なにかをすること、なにかを始めることに、相変わらず戸惑ったり焦ったり。
けれどせめて大事なことを大事に、自分の足元をしっかりと見つめて、できることをしっかりとやって行こうと思ってます。
来年もできるだけ後悔のないよう、そして楽しんで取り組んで行こうと思います。
みなさまには本当にお世話になりました。ありがとうございます。僕からもお返しできるよう引き続きがんばります。
よろしくお願い申し上げます。
そして、本当にありがとうございます!


   

   


2012/12/24(Mon) 12/23とび級プログラム MAIL 

案件の事務処理に追われまくり、もう英語が分からなすぎで笑。
友達から連絡があって姪と一緒にいるよー。
とのことで合流。
こころちゃん。
ロー抱きと言って
まるでパンクロッカーのギターのように腰で抱く方法。

かわいかったーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!


   

   


2012/12/21(Fri) 12/20-2とび級プログラム MAIL 

「父の愛人」静江役の泉水美和子さんと新宿で密会して参りました笑。
お忙しいなかお時間頂き、僕が新宿にうといので何故かトルコ料理屋さんを
僕が指定をし笑。
とてもご無沙汰をしていたので久しぶりにお会いできて楽しかった。
こういうプロの方がいらしてくださって心強く。

あらためて本上映に向けて粛々と歩もうと思いました。
ありがとうございます!泉水さん!


   

   


2012/12/21(Fri) 12/20とび級プログラム MAIL 

「父の愛人」にも出演下さった内田周作さんが出演されている
大林宣彦監督作品「この空の花」が内田さん在住の沖縄、
桜坂劇場で公開されてます。

12/15〜21 19:40
12/22〜28 10:00

もし例えば僕が、自分が関わった作品が地元で上映されるなんて夢みたいだ。
と思うのですが内田さんはそれをされた。うらやましいですし、
とても素晴らしいことだと思ってやまないです。公開って
僕が言うのも僭越なのですがとても難しいことで、
そしてその尽力でも公開日程は限られて来る。
是非、沖縄ご在住の方々ご覧いただければと存じます。

内田さん、おめでとうございます!


       


2012/12/21(Fri) 12/19とび級プログラム MAIL 

Third Eye Asian Film Festival of Mumbai から賞状がまずデータで届きました。実際のものは後ほど郵送でくるようです。

2011じゃなくて2012です!笑。

インドって遠いけれど、文化も違うだろうけど
人は人だし、「父の愛人」で伝えたいこと、
伝わればいいなと思っていることが
届いたのかなとうれしく思います。

遠いインド、もちろんアメリカもチリもそうなんだけど
「父の愛人」という作品が、観てくださった方々のなかで
少しでも心に、暮らしていくということに
生きていくということに
力になったりしてくれていたら、
僕がこの作品を僕なりに一生懸命取り組んで
そしてキャストの方々、スタッフの方々、ご協力者の方々の
大切な時間とお力をいただいたことに意味というか
何か、僕なんかが言うのもおこがましいのだけど。

うれしいです。
あらためて、「父の愛人」関係者のみなさま、おめでとうございます!
迫田


   

   


2012/12/18(Tue) 12/17 英語版予告編アップしました!とび級プログラム MAIL 

「父の愛人」英語版ですが予告編を
アップいたしました。

初めての映像公開で、緊張してます。

どうぞよろしくお願い致します。


       


2012/12/18(Tue) 12/17 Irvine International Film Festival 上映決定しました!とび級プログラム MAIL 

Irvine International Film Festivalにて
「父の愛人 my father's mistress 」がOfficial Selection上映されます。

1月17から21日。カリフォルニア州アーバイン。Edwards Westpark 8 という劇場です。
7つ目の映画祭上映となります。

そしてこちらの映画祭から予告編とコメント映像が必要と指示がきておりました笑。
ラインナップはまだFacebook上にしか出てなくて
サイトにアップされたときに僕のコメント映像が載るのか否か。
それを気にしているのは僕だけでした。

色々な場所で上映いただいてとても光栄です。

ありがとうございます。


   

   


2012/12/16(Sun) 12/15 審査員特別賞 Third Eye Asian Film Festival of Mumbaiとび級プログラム MAIL 

12月6日から13日まで開催されていた 11th Third Eye Asian Film Festival of Mumbai
という映画祭にて「父の愛人:my father's mistress」が審査員特別賞を獲得しました。


アジア映画が集まった映画祭。亜大陸で最大規模のアジア映画祭の一つと言われている映画祭です。

さすがに報告のメールもらったとき震えました。。

カメラマンのいしだくんと電話したんだけど
「ほんとにまじめに丁寧に頑張ってあきらめずやって良かったねー」
「賞を狙った作品作りをしなくても、認めてくれる映画祭もある。」
「自分たちを信じて、自分たちが本当に良いと信じるものを作って良かった。」
みたいなことを話して。

そして本上映に向けても、僕はそういう風に考えているし
やっていこうと思ってます。
たぶんとてもリスキーなやり方だし、とても難しいやり方を
いまやろうとしている。

けど僕はこの「父の愛人」という作品は譲れないんだ。

僕が思っている上映形態にむけて、これからも丁寧に
そして「楽しんで!」取り組みます。

どうぞ見守ってやってください。

そして「父の愛人」関係者のみなさま、おめでとうございます!


   

   


2012/12/15(Sat) 12/14とび級プログラム MAIL 

昨日、友人の笹生実久さんが久しぶりに歌うとのことで応援に行って来ました。
______________________________________
アーチスト・笹生実久がゲスト出演。その歌声をライブでマルチカム撮影し、その場でFCPXを用いて編集。撮影から編集まで、東京事変や SEKAI NO OWARIなど数多くのアーティストのミュージックビデオを手がける撮影監督の小林基己氏が手がけ、制作過程とFCPXの魅力をライブで紹介する。使用カメラはFS100 / FS700 / VG900の3台を予定。
●日時:12月14日(金)19:00〜
●会場:アップルストア銀座
...
● 料金:入場無料
●問:電話03-5159-8200
笹生実久
http://www.sasaomiku.jp/
アップルストア銀座
http://www.apple.com/jp/retail/ginza/
______________________________________

ということだったんだけど、最後にミニライブがあって最後の曲「It's my way It's my day」という曲を演っていた。

僕はこの子と10年以上か友人で、そんで僕が病気になって、でも「父の愛人」を作ろうと思ったときに、実久ちゃんがライブでどこだったか自由ヶ丘だったか恵比寿だったかでこの曲を演っているのを聴いて、とても勇気づけられて、なんかすごい涙出ちゃって、すごい力をくれた。

それで久しぶりにこの曲を聞いてとてもじーんとしたんだ。

いろいろなことはいろいろと大変だと思うんだけど、作るということもやっぱり大変だと思っていて、そりゃあ山有り谷有りだったりして、自分を見失ったり、呆然と立ち尽くしたりして。

けれどなんとか踏ん張ったり休んだり、どうにかこうにか折り合い付けて。

この子がまた本格的に音楽活動を始めるかどうかは分からないし、それが本当に良いことなのか悪いことなのかも、僕にも分からないし。

けど、歌いたくなったら歌えばいいし、歌いたくなければ歌わなくてもいい。

「いま、いまの生活を気に入ってるんだ」
と言っていた。

とても大事な言葉だと思う。

そしてこの子は僕の大事な友だちです。

http://ameblo.jp/sasaomiku/


   

   


2012/12/12(Wed) 12/11とび級プログラム MAIL 

ご縁あって福間健二監督作品「あるいは佐々木ユキ」の試写に行かせていただいた。
ものすごく良かった。。。
動揺してしまう程。。。

ポエトリーファンタジーということなんだけど、観客を置き去りにすることなく、もうはじめっからドキドキして引っ張られたです。

そして佐々木ユキを演じる主演の小原早織。凄かった。そして可愛かった。
恋した。
おもわず本人に言いそうになったです。
この「あるいは佐々木ユキ」という作品を観て、この主演の子に恋しないでいれるのか、
と思わせる映画だし、驚愕だった。素晴らしい作品。

女性を魅力的に撮るというのは本当に難しいと思ってて、
もちろん作品の内容にもよるのだろうけれど、この映画はなんなんだろうな。
いわゆる監督が恋していて偏愛している結果でてくるようなものだとも思わなかったし、
なんなんだろうな、あれは。

ちょっとかなり動揺した。分からなくて、その方法論が。

打ち上げにも参加させていただいて、福間監督とお話しさせていただいたのだけれど
それはちょっと伺うことができなかった。

「すみません、監督、どうやったらこんなに魅力的に撮れるんですか?」

なんて聞けないよ。

比べるなんて無意味だし、作品的にもまったく違うのだけど、
古厩監督の「ロボコン」での奇跡的な長澤まさみの可愛さを思い出した。

なんなんだろうか。。。

1月12日(土)〜
11:00〜 21:00〜
ポレポレ東中野で劇場公開。

もう一回観たろうと思ってます。

すげー作品だった、はぁ。


       


106件〜120件(全873件)
/→  3 | 4 | 5 | 6 | | 8 | | 10 | 11 | 12
<RSS>

Powered by WebSpace