日記みたいなもの

[ HOME日記TOP記事検索携帯用URL管理用 ]
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

2013/04/15(Mon) 4/15 「父の愛人」劇場公開のお知らせ!とび級プログラム MAIL 

映画「父の愛人」劇場公開のお知らせ!
7月13日から19日。
1週間限定ロードショー
新宿K's cinema
連日13時より
当日1300円/前売1000円。
公式サイト
公式Facebookページ

*公式サイト以前いらした方はブラウザの更新をお願い致します。


出演/ 河野知美・泉水美和子・内田周作・麻丘めぐみ (特別出演)

音楽に初の映画音楽提供となる木幡太郎(avengers in sci-fi)。

監督迫田公介 プロデューサー 栗田歴 脚本 西蔵らま/迫田公介 音楽 木幡太郎(avengers in sci-fi ) 撮影 石田直 照明 徳永陽平 録音 高島良太 メイク NORI 撮影助手 佐藤遊 助監督 福田美由紀/船木俊作 制作進行 田中奈緒 記録 小倉智里/笹羅甲介 ポスター用スチール 林和也 サイト制作 寺島知宏 パンフレットデザイン 小倉智里 製作 とび級プログラム http://tobikyu.com/
配給:ニューシネマワークショップ(Movies-High13)
同時上映に監督過去作品 
(日別)
「この窓、むこうがわ」
2004年制作 18分 出演 荒井沙耶 清水藍 山アふら 音楽 阿部真 エンディングテーマ shiFU
「の、なかに」
2005年制作 20分 出演 飯塚朋子 仲田天使。音楽 友森昭一

7月13日 土曜日「こ」「父」舞台挨拶
  14日  日曜日「の」「父」トークイベント
  15日  祝日 「こ」「父」トークイベント
  16日 火曜日 全作品上映
  17日 水曜日 全作品上映
  18日 木曜日「の」「父」トークイベント 
  19日 金曜日「こ」「父」トークイベント

監督自宅より挨拶動画


撮影より2年、完成より1年かかってしまいましたがどうにか劇場での公開
ができることとなりました。本当にありがとうございました。
たくさんの方々に作品をご覧頂けるように引き続き頑張って参ります。
ただ、こちら宣伝をほとんど個人でやっておりまして、もしよかったら
お友達、ご家族の方々等々にご紹介いただけたらうれしいです。
シェアいただければ本当にありがたいです。

よろしくお願い致します!

監督 迫田公介


   

   


2013/04/13(Sat) 4/12とび級プログラム MAIL 

姪のちな姫、4月から幼稚園に入りまして
だけど毎日行きたくなくて泣いているそうで
ということでティアラをつけたりして
頑張っているそうです。
さな姫ももらい泣きで。

偉いなあ。

迫田もがんばるね。

色々なことが同時進行中で

心一杯胸一杯。

頭一杯。

けれどちな姫にも負けられないし
みんなが助けてくださっている。

しっかりと務めを果たします。

待っててね。


   

   


2013/04/11(Thu) 4/11とび級プログラム MAIL 

時間を見つけて 池内さんに髪を切ってもらいました。
梅ヶ丘 Thrush
http://thrush-h-d.com/

池内さんには「父の愛人」
http://tobikyu.com/fathermistress/
にてエンドクレジットに載せていただかせたくらい
迫田の心のケア部隊です!笑

色々と準備中です。

もうしばしお待ちを。


   

   


2013/04/09(Tue) 4/8とび級プログラム MAIL 

この格好をしながら
「お金おろしに行ってくる!」
と言ったらしいです。
姪のちなさん。笑

女神だわー。

というわけでいまかなり忙しいです。
瞬間最大風速だ。

ちなに会いたい。さなに会いたい。

家族に会いたい。

けれど、けっこうずっとなんだが笑
正念場だ。

自分を追い込んでしまわないように
間違ったことはしないように

自分のやれることを
やれるだけ
そしてそのやれる分に誇りを持って

いま怒濤のように動いてて
そして動いて頂いていて
たくさんの方々にご協力いただきつつ

僕が悲壮感的な(なりがーち)
ようになるべきではないし
もしかしたら一番笑顔で楽しんでいるべきだとも
思う。

みなさんに最大級の感謝をしつつ
誇りを持って臨もうと思ってます。

映画監督として君はどうなんだ
とか
作家として君はどうなんだ

とよく言われます笑。
僕は映画監督ぽくないかもなあ。

けれど

でも僕は「父の愛人
僕が僕であることを信じて監督しました。

皆さんにお観せしたいです。

そしてお観せできるよう力を尽くしてます。

待っててね。


   

   


2013/04/07(Sun) 4/7とび級プログラム MAIL 

カリフォルニア州フォールブルックにて開催されている
Fallbrook International Film Festivalですが
父の愛人:my father's mistress

7日午後9時からのプログラムにて上映されます。

今日、こちら東京は晴れ。
暖かくて、陽射しが気持ちいい。

フォールブルックの天気はどうでしょうか?

「父の愛人」観てくださる方々にそっと寄り添うように
そのことを重要なことがらとして制作したのですが
それを信じて、そして祈りつつ
僕がいま住んでいる狭い一人暮らしの部屋から
思ってます。

Fallbrook International Film Festival
においでの方々、こんにちは。
「父の愛人」をよろしくお願い致します。

I am happy to show "my father's mistress" in Fallbrook International Film Festival !!

こちらが父の愛人上映詳細です。


   

   


2013/04/06(Sat) 4/6とび級プログラム MAIL 

「BUZZ」 Painting,Silkscreen print Exhibition
のオープニングパーティーに行ってきました。

壁それぞれにモチーフごとの絵が描かれていて、
僕はこちらの黄色い壁にとても感動しました。

気持ちよかった。

一緒に行った友達から
「さこぺんの作風って『父の愛人』みたいになんていうか
静かなというかある種普通なかんじなのに、今日の展覧会の
ようなアヴァンギャルドな作風のひとと仲良いって、不思議だね」
というようなことを言われて

僕はおそらくけっこうロジカルな作り方をしていて
インスピレーションというか爆発感というよりも
丁寧さのようなものを大切にしてたり
もちろんお芝居含めた即興性な自由さも大切にしているのだけれど
実は先日会田誠展に行って非常に感動を受けてたりしてて

自分に無い(と僕が勝手に思っているのかも知れないけど)
ものを大切に表現している、もちろんその表現が僕に共感を
覚えさせるものに限られるのだが、そういう方法論を
取っている方々にも非常に尊敬を覚えるです。

なんかねー。こういうパーンというかキーンというか
痛快というか、ポーンというか、作品て日々の
生活で鬱積してしまう、それこそが生活なのかもしれんが
そんな中、この作品、スカーっとさせてくれたりするんだよなー。

4月14日まで展示されています。皆様是非。

以下詳細。

Painting,Silkscreen print Exhibition 「BUZZ」

KENTA UEOKA www.kenta69.com
×
2blks (Takuma Ishibe , Nanami Ishibe a.k.a. chappy)
http://www.2blks.com/

会期: 4月6日(土)-4月14日(日) 月曜休み
時間: 火曜から金曜18:00-23:00 土、日12:00-23:00
※オープニングパーティー以外、入場無料

Hikaru,Altz,Nobu,Yogurt。日本のクラブシーンを代表する4人のDJをモチーフに、4面の壁にそれぞれの音宇宙を描く。それはまるでポップな<曼荼羅>のようなものを連想させる。

ダ ンスミュージックの魔術にかけられ、夜な夜なフロアを徘徊してきたKENTA UEOKAが、ここ10年くらいの間に現場で撮りためた写真やスケッチ、体感した記憶をリミックスしながら、ロックにダブにレゲエにハウスにテクノなビー トの粒子をイメージ変換、ビジュアルとして再構築する試みである。

KENTA がリスペクトするアーティスト4人の音宇宙絵図を共同製作するのは、これまた彼の憧れのアーティスト・ユニット 2blks!!

ク ラブカルチャーを愛するKENTAと、ロウブロウアート等のクセのある表現を愛する2blksによるBACK TO BACK スタイルの夢のコラボレーションが実現!聴覚と視覚を行ったり来たり、サウンドとイメージはだんだんと境界をなくし、その幸福な混淆の果てにいったいどん な桃源郷が出現するのだろうか。
(ハーポプロダクション)

4月6日(土)
Open 12:00
Opening Party
16:00-23:00 入場料500円
スペシャルゲスト DJ Yogurt (18時頃からスタート)

4月14日(日)
Open 12:00
Closing Party
16:00-23:00 入場無料

会場:スペースラボ 東京都目黒区三田2-3-20,2階 電話:03-6303-2900

2013.4.6 (SAT) - 4.14 (SUN) Monday closing
Tuesday to Friday , OPEN 18:00-23:00
Saturday & Sunday , OPEN 12:00-23:00
Entrance free except opening party

Opening party
4/6 (SAT) 16:00-23:00 Entrance 500 Yen
Special guest DJ Yogurt ( start around 18:00〜)

Closing party 4/14 (SUN) 16:00-23:00 Entrance free

@SPES-LaB http://www.spes.jp/
2F, 2-3-20, Mita, Meguro-ku, Tokyo tel:03-6303-2900


   

   


2013/04/06(Sat) 4/5とび級プログラム MAIL 

4月3日から開催されている
River Bend Film Festival (South Bend, Indiana, USA)
ですが「父の愛人:my father's mistress

は6日の午後3時から
Century Center Suite 6-7にて上映です。
上映日を僕が間違えまくってしまい笑。
こちらの日程です。

昨日、今日と日中とても暖かくて
散歩して
それがとても心地よく
色々とプレッシャーというか責任ごとが
今どんどんと決まっていっていて
また意味なく自分を追い込んでしまったり
してるんだけど
太陽の下、陽を浴びてまちを歩くことの
気持ちよさ、大切さ。

僕はタフさが少ないし
小さな存在だなあと思ってしまうんだけど
「父の愛人」関係者の方々や友人、家族
見守ってくれていて
だからこそ歩けている。
だからこそ「父の愛人」上映を
良いかたちでの上映で御返ししたいです。

そして「父の愛人」に期待してくださっている方々に
作品をご覧頂いて、そのご恩を御返ししたいです。

なんかすぐ迫田、しめっぽくなっちゃうなあ笑。

よし、映画祭での上映だ!よろこびだ!

リバーベンド映画祭にいらっしゃるお客様方に
とって、「父の愛人」が良い時間となりますように。

心から。

リバーベンド映画祭スケジュール


       


2013/04/04(Thu) 4/3とび級プログラム MAIL 

今日は友人の笹生実久ちゃんとシミズリエさんの
ライブに行ってきたです。

2013年4月3日(水) @下北沢lown
“居酒屋しみりえvol.1”
店主:シミズリエ
ゲスト:笹生実久
19:30開場/20:00開演
charge2,000yen+2order
※コンセプトは居酒屋。ゆったり楽しめるトーク&ライブ。

満員で立ち見が出るほどの大盛況。

あっという間に時間が過ぎた。
シミリエさんは以前お会いした事あったんだけど
ライブを見たのは初めてで、
オープニングが彼女の歌で笑顔で歌ってらしたのを見て
聞いて、なんかすごいなーと。

ひとことで言うと、なんか嘘が無い感じで
そういうふうに感じさせるというのって簡単そうで
だけどそこにはほんとうが無いとできないし
いいなーと思ったです。

実久ちゃんも久しぶりのライブなので
緊張なのかなと思ってたけどトークも楽しく。
だけど歌うときはもちろん真剣で
真摯で、懸命さが伝わって来た。

お客さんに対峙するのって非常にパワーが必要だと思うし
渡り合うというか、一緒になるっていうか尊敬。

そしてお二人のお計らいで
父の愛人
の宣伝をさせていただいた。
けっこうしゃべらせていただいて
お客様の方々にライブ終了後にも話しかけていただいて
ありがとうございました!

シミズリエさん、笹生実久さん
ありがとうございました。

そしてライブありがとう。
良い夜でした。


   

   


2013/03/31(Sun) 3/31その2とび級プログラム MAIL 

父の愛人:my father's mistress

4月3日から6日にかけて開催される
River Bend Film Festival (South Bend, Indiana, USA)
にて上映が決まりました。
Official Selection
「ザ・メキシカン」などのプロデューサー JOHN BALDECCHI氏
「デトロイトロックシティ」などのプロデューサー KATHLEEN HAASE氏
がゲストでいらっしゃるようです。
「父の愛人」は4月6日に上映です。

こちらでなんと10個目の映画祭上映となりました。
こんなにたくさんの映画祭で上映いただくこと
とても幸せです。

「父の愛人:my father's mistress」が
映画祭にいらしたお客様方にとって
良い時間となりますように。

僕が、僕たちがこの作品に込めた思いが
そして伝えたい思いが
見てくださる方々に、そっと寄り添いますように。

心から。


       


2013/03/31(Sun) 3/31その1とび級プログラム MAIL 

東京MHz旗揚げ公演にキッドアイラックホールに。
友人の Mayumi Haraguchiが出演。
とても神経質で繊細な舞台だった。

けっこう音楽も使われていて、歌やバイオリン演奏など
あったんだけど、印象としてとても静かな
しんしんとした森のような、真っ暗な森を
見ているようだった。

静だから、繊細だからとても集中して
僕は観ていった。

Mayumiは彼女じゃなきゃできない演技をしていた。
これってかなりの武器だなと思った。

次回公演もあるようなので、皆様も是非。

そして東京MHzさんお疲れさまでした。


       


2013/03/30(Sat) 3/29とび級プログラム MAIL 

今日は知人のMotoki Uedaくんが1年間海外で暮らすとのことで
その送り出しイベント、青山蜂の CALAVAN for Motoki Ueda's farewell partyに
行って来た。
面白いなあと思ったし、僕がそういう決断ってできるのか?と思ったりして、
Motokiくんがどんな表情をいましているのかなと自転車漕いで青山に。
僕なんかが言うのも僭越なんだけれど、新しい生活を楽しんでいただけたらなあ
と思った。そして楽しむべきだ、とも思った。

というのは、青山に行く前にテレビを見て。
最近、急逝された女優さんの追悼番組で、彼女が15年間の交際を経て結婚する
模様を追った番組が再放送されていて。
僕はそもそも涙もろいということもあるんだけれど、もう切なくて、
涙が止まらなくなって、なんで?どうして?ようやく家族になって、
家族がひとつになって、これから長く幸せを築いていくのに。
そんなのって、人生ってなんなんだよ。こんなのってないよ!
って口惜しくて。

僕なんかぺーぺーの、友達たちにも恵まれていて、そして家族にも、周りの方々
にも恵まれていて、本当の苦労を知らないのかもしれない迫田には計り知れない
その女優さんの結婚への至ることがらだけど。
それを乗り越えられて、幸せを築いていく、そのスタートじゃないかと。

でも、番組が終わって、その司会のひとが、その女優さんの笑顔を忘れません〜
みたいなことを言われてて、それをボーっと見ながら、段々と思いが浮かんで来て

彼女のそのことがら、結婚という幸せ、家族という幸せ、
それが、それは無駄なことでは決してないんだと。

そのこと、その家族の方々、そして偶然見た僕、どれだけ力と生き方と
優しさと強さを与えてくれたことか。

そしてそれよりも、彼女自身にとってどれだけ大事な事だったのかと。

ちょっとうまくここに書けているかよく分からないけれど
僕は、本当に生きようと思った。
やれること、やりたいこと、自分ができることを精一杯やろうと改めて
思った。

命ってほんとうにはかなくて、多分僕が思っているよりも生きているということ
は奇跡に近くて。その儚い命がせっかく僕にいまあって、やろうと信じる事、
やりたいと思う事、それをやっていこうと思った。(もちろん人に迷惑を
かけたり、自分勝手にという意味ではなく)やりたいことを、自分でしっかりと
考えながら進んで行こうと思った。

もちろんこの意気込みも、冷静に。
そして楽しんで。
映画「父の愛人」http://tobikyu.com/fathermistress/
引き続きがんばります!


   

   


2013/03/25(Mon) 3/25とび級プログラム MAIL 

お花見でもしよう!
ということになって、昨日は自由が丘で友人たちと自由が丘で
桜を見たです。
友人のほのしょーの妹さんも旦那さんと
近くにいらっしゃるとのことで
合流。
久しぶりのこころちゃん!
おもわずぎゅっと抱きしめてしまった笑。

お金節約の為、コンタクトレンズが買えん…。笑
ということで最近はもっぱら眼鏡なんだけど
集まった男たちが全員眼鏡笑。

ほんと楽しかったなー。
そして心がほっとした。

友達たちがそれぞれの仕事でからんだりしていて
それも面白くて。

桜もきれいだったなー。
たぶん当日が一番の盛りと言っていいのでは。

しかし寒さに注意!お花見には完全防寒で!

癒されましたー!


   

   


2013/03/20(Wed) 3/19とび級プログラム MAIL 

船木俊作くんの写真展、「緩急」最終日、見てきました。

作品は彼の若さというか若さゆえの距離感というか
それを感じて、興味深かった。
彼の意図するところとは違うかもしれないけれど。

ただ意図するところではないかもしれないが
興味を持たせるということは成功だと思う。

写真のことを色々とはなしをして30分ほどしか
いられなかったけど、うれしかったな。

「父の愛人」

船木くんは「父の愛人」で助監督をしてくれてて
そしてその縁でスタッフいただいた方も偶然いらして僕も船木くんもびっくり!

こういうのってほんといいなあと思った。

そして船木くん、展覧会お疲れさま。


   

   


2013/03/16(Sat) 3/16とび級プログラム MAIL 

ひとみこぱん

ひとみこぱんさんの個展に行ってきました。

水彩画の展示でした。
1時間くらいずっと作品について取材か?ってくらい笑
質問して解説してもらってという贅沢な時間でした。

作品を作るときになにか音楽を聞いてますか?
とか、作品を作るときの時間帯は?
を始め、
特に抽象画の場合に画にしていく過程というか
面白かった。

なんか「時間」というものが変な感じと言うか(良い意味で)
いま僕が生きている時間が、その時間とは違う「時間」を感じた。

説明が下手で笑。
24日まで。
是非。

アラベスクの彼方 
〜パリの丘の上から〜

ひとみこぱん水彩画原画展
フランスと色を表現した新作の企画展示
日時 3月15日から24日まで 
11:00〜18:00 (21日木曜日休廊)
場所 L'atelier [ラトゥリエ]
〒107-0062 東京都港区南青山5-17-6 
Tel/Fax 0334865343
http://www.atelier-aw.com/


       


2013/03/16(Sat) 3/15その2とび級プログラム MAIL 

夜、打ち合わせが終わって
池袋で友人の鈴木くんと合流。

1週間ほど台湾に行ってたとのことで
お土産もらった。

蔡明亮のマグカップ。

誰?
と聞いたら
うえっ?知らないんすか?
え?
映画監督っすよ!
あ、知らん…。

相変わらず映画の知識の偏りが激しい迫田でした。

その後、お勧めの古本屋さんがあってー。

ということで画像の古書「往来座」

ここがめちゃくちゃ良かった!

雰囲気、価格設定、清潔感、すごい!
とても本というものに尊敬していることが
しみじみと伝わってきて
とても感動。
ほんといい店だ。

帰りに下北沢cafe and bar Kameraに寄って
みやもっちゃんとねぎくんとマスターの平ちゃんと
色々話して
ラーメン屋に行き帰宅。

責任と不安が自分にかかってきているけれど
それはそれで、自分ができることを
精一杯頑張っていこうと思います。

往来座 http://www.kosho.ne.jp/~ouraiza/


   

   


61件〜75件(全873件)
/→  1 | 2 | 3 | | 5 | | 7 | 8 | 9 | 10
<RSS>

Powered by WebSpace