日記みたいなもの

[ HOME日記TOP記事検索携帯用URL管理用 ]
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

2012/11/04(Sun) 3日目レポート その8とび級プログラム MAIL 

次々と受賞作品の名前が呼ばれていきます。
会場に来られないディレクターからはビデオレターが届いていました。

そして、「父の愛人」がエントリーしているNarrative(物語)部門の発表。
残念ながら僕たちの作品は受賞を逃しました。

受賞作品発表後も、会場のお客さんのなかには
「あなたたちの映画が一番良かったよ」
「受賞すると思っていたのに、非常に残念だ。文句を言いにいこうか?」
と言ってくれる人もいました。

お世話になったスタッフに挨拶をして、会場をあとにします。


       


2012/11/04(Sun) 3日目レポート その7とび級プログラム MAIL 

授賞式の司会は、
映画祭のプロデューサーであるキャサリンとフィルムセレクターであるダン。


   

   


2012/11/04(Sun) 3日目レポート その6とび級プログラム MAIL 

そして、映画祭の最後のプログラム。
各コンペティションの授賞式がはじまりました。


   

   


2012/11/04(Sun) 3日目レポート その5とび級プログラム MAIL 

そして、まもなくクロージングパーティーがはじまりました。
オープニングパーティーには見えなかったフィルムメーカーたちが集まりました。


   

   


2012/11/04(Sun) 3日目レポート その4とび級プログラム MAIL 

映画祭会場に到着しました。

この日は夕方からクロージングパーティーと授賞式です。
「父の愛人」フラッグを持って、授賞式が行われる会場でハイチーズ。


   

   


2012/11/04(Sun) 3日目レポート その3とび級プログラム MAIL 

食後の散歩。
気温が低いので、10月下旬でも十分紅葉が見れました。


   

   


2012/11/04(Sun) 3日目レポート その2とび級プログラム MAIL 

ホームステイ先の娘さん、パトラは現在高校生。
この時は果物を切っているのですが、手先が器用で。
あれよあれよと果物をカットしていきます。

そして、彼女は育ち盛りのせいかとても食いしん坊。
朝からパンケーキとカットしたほとんど果物とヨーグルトふたつと、たくさん食べていました。


   

   


2012/11/04(Sun) 3日目レポート その1とび級プログラム MAIL 

「父の愛人」助監督の着地です。

3日目のレポートを再開しようと思います。
今日からちょうど一週間前のことになるのですね。
遠い日の記憶のように感じるのですが、月日は意外とゆっくり流れるものなんですね。

さて、この日のは休日ということもあり、ゆっくり眠ることができました。
そして、朝食はアメリカらしい(外国らしい)食べ物、ホットケーキでした。

写真はホットケーキ作りをお手伝いしている河野知美さん。


   

   


2012/11/03(Sat) 11/3 Festival CINE//B 映画祭上映決定とび級プログラム MAIL 

迫田です。

5つめの映画祭が決まりました!

11月23日から30日にかけて開催される

Festival CINE//B

という南米チリの映画祭にて「父の愛人」が上映されます。

International Short film Panorama: The Rest of the World

というプログラムです。Official Selection.

こちらもかなり大きな映画祭でびっくりしてます。

http://www.facebook.com/pages/Festival-CineB/129170000490478

サイトがとてもかっこいい。

特に若手のFilm Makerたちが多く集まっていて
新たな才能を探すという趣旨が強い映画祭のようです。

チリという国の予備知識をあまり持っていないのですが

CINE//B にいらっしゃる方々にとって
「父の愛人」 Chichi No Aijin 
(この映画祭はスペイン語圏?なのでタイトルがこちらになります)
が良い時間となりますように。

迫田


       


2012/11/03(Sat) 2日目レポート その22とび級プログラム MAIL 

映画上映のあと、すこし街のなかを歩きました。
この日は27日(土)。
街の至る所でハロウィンパーティーが行われています。

小さいけれど、いろいろな人が住んでいて、ひとつの街として形成される。
極東の民族も快く受け入れてくれるフッドリバーの風土。

すばらしい街で映画祭が開かれ、ご縁があって「父の愛人」が招待され、僕たちがここにいる。

何を返せたのか。何を返そうとしたのか。
あ、もっと返したい。
ここだけでなく、この映画を観てくれた人にご恩(がないかもしれないが)を返したい。

そんなことを深く感じた夜でした。


3日目のレポートは、また翌日アップします。


   

   


2012/11/03(Sat) 2日目レポート その21とび級プログラム MAIL 

本日初の映画祭会場に参りました。
本日は、昨日行っていない街の外れにある劇場に足を運びました。

この映画祭は劇場が3つあり、
ひとつだけ離れの場所にあるのです。

夜のプログラムは、「48時間で映画はつくれるのか!?」という
なんというハチャメチャな企画で作られた映画の上映でした。

参加者は、スタートと同時に与えられたお題をクリアするようなシナリオを書きはじめ、
48時間後までにはキャスティング・撮影・編集し、
DVDにして上映できる状態で本部に提出すると行った流れで映画制作を行ったと聞きました。

今回はその企画でできた映画を再編集してからはじめての上映ということで、
映画の監督から、出演者、アニメーション協力者など地元で映画制作を行っている人たちが集まりました。

先日、通訳のお手伝いしてくれたキョウコさんの旦那さんエヴァンも監督として参加していました。
(キョウコさんは助監督をやったらしいです。あれは地獄ね、と言っていました)

どの作品も本格的なつくりで、48時間で制作したとは思えないほどのクオリティでした。

必死になればものつくりは可能ですね。


   

   


2012/11/03(Sat) 2日目レポート その20とび級プログラム MAIL 

そして、地ビールをいただく着地。
さっきから飲んでばっかりで、テンションがおかしいです。

こちらでもテイスティングサイズのビールをいただきました。
小グラスに並々注がれた地ビールはどれも独特な味でした。
リンゴ風味のビール、コニャックのようなビール、小麦でつくられたビールなどがあった気がします。

すべてのビールを飲み干した着地は、このあとヘロヘロになりながら映画祭会場に向かいました。


   

   


2012/11/03(Sat) 2日目レポート その19とび級プログラム MAIL 

カフェギャラリーをあとにして、
「街いちばんのピザ屋」に到着しました。

このピザ屋は、元々はビールの醸造場だったらしいです。
最初はできたてのビールを提供するためのパブが作られ、
そして、「一緒にフードも食べたい!」というお客さんのニーズに応える形で店舗を拡大して今の規模に至ったらしいです。

とにかく、ピザがうまい!
地ビールも去ることながら、マッシュルームピザがうまい!

写真の上段がチキンピザで、下段はマッシュルームピザです。


   

   


2012/11/03(Sat) 2日目レポート その18とび級プログラム MAIL 

と、その前に、
リサが「チーズを食べましょう」と行って、
カフェギャラリーのような施設に入っていきました。

僕らも一緒に入ったのですが、ここがまたなんとも広いお店で。
2フロアで展示できるようになっていて、
照明の当たりも、展示場としても絶妙なスペースでした。

写真はカフェのカウンターにて。


   

   


2012/11/03(Sat) 2日目レポート その17とび級プログラム MAIL 

最後にホストファミリーと一緒に記念撮影。
笑顔が本当に絶えない、お二人はおしどり夫婦ですね。

この時点で、16時ころ。
お腹がすいてきたので、この後すぐに「街いちばんのピザ屋」に向かいました。


   

   


136件〜150件(全873件)
/→  5 | 6 | 7 | 8 | | 10 | | 12 | 13 | 14
<RSS>

Powered by WebSpace