74857
3期生の部屋

「3期生の部屋」へようこそ!
この掲示板は、北高3期生のための情報発信基地です。
3期生のイベント案内や相互連絡…また、個人的な日常の所感…等々、
いろいろな情報発信に使ってください。
ただし、良識を逸する書き込みはご遠慮ください!
せっかくの「3期生の部屋」ですので、皆さんの投稿を★ヨ・ロ・シ・ク★
[ HOME掲示板TOP一覧表示ツリー表示トピック表示新規投稿記事検索記事修正・削除携帯用URL管理用 ]


[1326] 老いは確実に来ています Name:木村 3組 Date:2018/03/04(日) 08:42 [ 返信 ]
 おはようございます。

 昨日、1年振りに3期会に出席しました。
 3/3は桃の節句なのでこの日催される3期会は、毎年可愛い雛人形を飾って訪れた人を楽しませてくれる、佐賀の老舗旅館兼料亭「あけぼの」に会場がほぼ固定されています。

 昨日も32人が集まりました。ただ、この年になっても、それぞれに色んな用事があるようで、古くからのメンバーが10名近く欠席していました。
 その代わりという訳ではないのでしょうが、佐世保から見えた方を含めて、4名の方が新メンバーとして参加されていましたので、ある意味新鮮味のある3期会でもありました。

 32人も集まりますと、自然と小さな輪ができて、それぞれに違う話題で盛り上がり、私がいたテーブルには、在校中吹奏楽部で活躍した自称佐賀の23ロッソ氏もおられましたので、音楽の話題で話しが弾みました。

 それはそれで良かったのですが、話の中で、北高を卒業した人の中に、音楽の世界ではそれなりの地位を築かれている著名人が3人いる。一人は我ら3期の渕野繁雄氏、そして2期生の声楽家牧川修一氏、このお二人の名前はすんなりと出てきたのですが、3人目の方の名前が中々出て来ません。
 
 「ほら、あの人さい、2期生のほら、お前知っとろうもん」、「誰いては、分かっさい、ばってん、名前の出てこんたいね」。
 お互い、頭の中でア行から苗字を思い浮かべながら必死に思い出そうとしましたが、出て来ません。結局は思い出せず、もやもやしたまま話しは他の話題に移りました。

 実は、この数年前から、このように人の名前や物の名前が咄嗟に出てこなくなりました。
 テレビや新聞を見ていて分からない言葉が出て来たら、手元にあるタブレットで検索するのですが、いざタブレットを開いたら、さて何を調べようとしていたのか、忘れているのです。
 1分もたたないほんの数十秒前のことを忘れているのです。
 他にも、知り合いにばったり出会った時、名前が出てこず適当に話を合わせて、さっと分かれるということは何度もあります。物の名前が出てこないこともしょっちゅうです。

 老いは、確実に来ています。
 忘れないうちに、エンディングノートを作成されることをお奨めします。

 ※3人目の方は、2回生の音楽評論家諸石幸生氏ではないかと思いますが、23ロッソさん、違っておれば修正してください。


[1327] RE:老いは確実に来ています Name:23ロッソ Date:2018/03/04(日) 17:58
諸石さんです、私も今日思い出しました、昨日は私も名前が出てこず、失礼しました。

[1325] 3期会  Name:RIBBON  Date:2018/03/03(土) 22:44 [ 返信 ]
3月3日、恒例の3期会があけぼのでありました。
男性1名と女性3名の入会があり、みんな笑顔花開く楽しい会でした。



[1324] 雛人形と鯉のぼり Name:木村 3組 Date:2018/03/03(土) 08:46 [ 返信 ]
 今日3/3は桃の節句です。
 女の子がいる家では、雛人形が飾られていることと思います。

 昨晩、NHK佐賀のニュースで「神埼の山寺でひな祭り」というニュースが流れていました。

 神埼市の山あいにある寺で、500体以上のひな人形を一堂に集めて展示する催しが開かれています。
 神埼市脊振町の山あいにある宝光寺では、地域のにぎわいにつなげようと、桃の節句に合わせて毎年3月にひな人形を飾る催しを開いています。
 ひな人形は、子どもや孫が成長して飾る機会の少なくなった家庭から寄贈されたものや檀家が持ち寄ったものです。
 三人官女や五人囃子などの人形までそろった立派なひな飾りや、有田焼で作られたかわいらしいおびなと女びななど500体以上にのぼり、寺の本堂の中に所狭しと並べられています。
 宝光寺によりますと、寺とひな人形の組み合わせが目を引き、インターネットなどで情報を得て県外や海外からも見学に来る人もいるということです。
 住職の筒井道隆さんは「子どもの成長を願って買ったものは捨てがたいと、持ってこられる人が増えて500体もの数になりました。
 寺の静かなたたずまいの中で畳に座って見ていただければと思います」と話していました。
 この催しは今月31日まで開かれています。 (了)
 
 そして、5月5日は端午の節句。佐賀も特に郊外の庭のある戸建ての家では、今でも男児の成長を祈って名前の入った幟が、鯉のぼりとともに立てられます。 
 大和町の川上峡では、3/17から5/31まで嘉瀬川に架かる官人橋の上下流に、両岸からロープを張って、市民から寄贈されたおよそ300匹の鯉のぼりが、春風にのってそよそよと泳ぎます。
 300匹も泳ぎますと、さすがに壮観ですよ。
 また、期間中の土・日・祝日には、屋形船も運航されます。

 うれしいひなまつり
 https://www.youtube.com/watch?v=cMSDUMoPRXM
 
 こいのぼり(屋根より高い…)
 https://www.youtube.com/watch?v=F9xJ7SWb0Nc

 鯉のぼり(いらかの・・・)
 https://www.youtube.com/watch?v=ORO9_KMVy44


[1323] 目白と鵯鳥 Name:木村 3組 Date:2018/03/02(金) 11:37 [ 返信 ]
 今朝、ミカンを半分に切って椿と紅葉の枝に刺しておきましたら、目白が二羽、目ざとく見つけて食べに来ました。
 ところが、目白よりも大きい鵯鳥が来てミカンを突っつくものですから、目白はさっと逃げてしまいました。
 私が、鵯鳥を追い払うと目白が来て、また鵯鳥がくるという鼬ごっこならぬ、鵯鳥ごっこでした。
 雀も遊びに来ました。
 春ですね。


[1322] 佐賀んもんは大河ドラマになり得るか Name:木村 3組 Date:2018/03/01(木) 08:27 [ 返信 ]
 今日の佐賀新聞の読者投稿欄に、江藤新平は「大河ドラマ(の主人公)になる」という趣旨の投稿が載っていました。

 またまた古い話で恐縮ですが、平成13年だったと思います。佐賀を舞台にした大河ドラマは出来ないかという話が出て、県の幹部がNHKに相談に行ったことがありました。
 結果は、検討しましょうくらいの事は言われたようですが、佐賀の人物には華(=女性)がないと致命的なことを言われたようです。

 その後その話は沙汰止みになっていたのですか、平成15年新知事と職員との対話中に大河ドラマが話題になり、知事から検討してみたらどうかとの発言がありましたので、平成13年の話をしましたら、華がなければ創ればいいじゃない、架空の人物だっていいじゃないと一言。

 その後もこの話は進展しなかったようですが、今の知事も、大河ドラマに興味があるようで、某女流作家に相談したと聞いたような聞かないような………。

 確かに、大河ドラマには必ずと言っていいほど女性が登場します。しかも、それらの女性の中には全く知られていなかった人物もいます。

 この大河ドラマの舞台になったところで、放映中は結構賑わったものの、終了後は静かになり、一過性に終わったところもあるようです。

 果たして佐賀が舞台になったとき、どうなりますやら。


[1321] させていただきます症候群 Name:木村 3組 Date:2018/02/28(水) 11:18 [ 返信 ]
 言葉の雑学の続編です。 
 4〜5年ほど前の記事で、少し長いですけど、暇つぶしにどうぞ。(暇人は私だけ?)

 NHK総合テレビ 視点・論点 「させていただきます症候群」 敬語講師 山岸弘子
 
 山岸弘子と申します。「国語に関する世論調査」の結果が9月24日、公表されました。たくさんの質問項目があり、敬語についても取り上げられています。本日のテーマの「させていただきます」も取り上げられています。質問では、「あしたは休まさせていただきます」をあげ、「気になるかどうか」を尋ねています。その結果については、後ほど触れることにいたします。

 「させていただきます」は、明治の文学作品にも確認される言葉です。しかし、現在、この「させていただきます」については、批判的な意見もあります。紋切型だ、慇懃無礼だ、卑屈だ、許可した覚えはない、などです。さらに、使いすぎる人を「させていただきます症候群」と呼ぶ人もいます。

 「させていただます」のどこが批判されているのでしょうか。「させていただく」とは、どういう意味なのでしょうか。
 明鏡国語辞典には、「自分の行為が相手の許容の範囲にあるという、へりくだった遠慮がちな気持ちを表す。 しばしば相手に配慮しながら、自分の一方的な行動や意向を伝えるのに使われる」とあります。
 「一方的な行動や意向を伝える」というところに問題がありそうです。
 
 それでは、「させていただきます症候群」とも呼ばれ、聞き手に違和感を与えるのは、どのような表現でしょうか。代表的な例を分類してみました。
 1.すっきり話そうよ型、
 2.誰を立てているの?型、
 3.だれに許可をもらったの?型、
 4.自分勝手すぎるよ型、
 5.「さ」はいらないよ型の5つに分けました。
 
最初に1.すっきり話そうよ型です。
 「お送りさせていただきます」「報告させていただきます」「意見を言わせていただきます」はそれぞれ、「お送りいたします」「報告いたします」「意見を申し上げます」と言い換えればすっきりします。
 
2.誰を立てているの?型です。
 自分の上司であっても、社外の人に対して話すときには、上司を立てて話しません。「させていただく」は、「させてくれる人」を立てる敬語ですから、次のような表現をすると、社外の人の前で自分の上司を立ててしまうことになります。
 社外の人に対して言うときには、
 「経理を担当させていただいています」ではなく、「経理を担当しております」
 「○○は、休ませていただいています」ではなく、 「○○は休んでおります」
 「課長をさせていただいています○○です」ではなく「課長の○○と申します」と言います。
 社外の人への敬意を表現できます。
 
3.だれに許可をもらったの?型
 「させていただく」は、だれかの許可を得て行動するときに使う言葉ですから、次のような言い方は違和感を与えます。
 「公園で走らせていただいています」「合格のために努力させていただきました」「土曜日は高原でくつろがせていただきました」などは、「走っております」「努力いたしました」「くつろいでまいりました」と言い換えれば違和感を与えません。
 
4.自分勝手すぎるよ型
 相手に迷惑をかける行為と「させていただきます」という言葉は合いません。自分勝手で一方的な印象を与えます。次の用例は、飲食店の店長から聞いた例です。
 「突然ですが、今日でバイトを辞めさせていただきます」
 「店長、バイトの時間を変更させていただきます」
 「用ができたので、帰らせていただきます」
 突然、きっぱり宣言するように言われ、大変驚き、困まったということでした。この例は、言葉の問題と同時に仕事に対する姿勢や態度、一緒に働く人への配慮に問題があることはいうまでもありません。
 日数の上でも十分な余裕をもって、理由や事情を述べたあとに、「よろしいでしょうか」「お願いできますでしょうか」と許可を求める姿勢がほしいところです。
 
5.「さ」はいらないよ型です。
 本日、最初にあげた、文化庁の調査にあった例です。「あしたは休まさせていただきます」という表現について気になるかどうか質問したところ、「気になる」人が54.5%で、「気にならない」人が39.8%でした。
 「休まさせていただきます」という表現は、不要な「さ」が入った「さ入れ言葉」とも呼ばれています。
よく使われているのは、「休まさせていただきます」のほか、「読まさせていただきます」「歌わさせていただきます」「作らさせていただきます」などです。
 それぞれ、「読ませていただきます」「歌わせていただきます」「作らせていただきます」が、文法上は適切な言い方です。5段活用には、「させていただきます」でななく、「せていただきます」が接続するからです。
 「さ」を入れたほうが丁寧だと思って、あえて使っている人もいますが、この使い分けで迷っている人も見受けます。迷ったら活用を点検してみましょう。
 
 「読まない」「歌わない」など、「ない」の前が「あ」の動詞には、「せていただきます」がつきます。
「よまーない」「うたわーない」と伸ばしてみると、5段活用かどうかがわかります。
 以上、違和感を与える代表的な例を5つに分類してお伝えしました。
 
 なぜ、「させていただきます症候群」と呼ばれるほど、「させていただきます」を多用する人が増えているのでしょうか。理由は、いくつか考えられますが、理由の一つは、「させていただきます」は便利な言葉だということです。「いたします」をつけて謙譲語にできない動詞があります。たとえば、「帰ります」「始めます」「終わります」には、「いたします」をつけることができません。日常的に使う言葉であるだけに、「謙譲語で表現したい」と思うのが自然な気持ちです。そこで、「させていただきます」が登場します。「させていただきます」は、考える余裕がないとき、言葉を選ぶ余裕がないときにも使いやすい言葉です。
 
 服装を例に考えてみましょう。忙しく、服装の組み合わせを考える余裕がないとき、黒のスラックスは便利です。上半身とのバランスを考えなくても、黒のスラックスを身に付ければ無難なスタイルが完成します。「させていただきます」の場合は、無難なスタイルが完成しているわけではないのに、体裁が整ったように自分が感じてしまうのです。
 
 先ほどお話しした5つの型のように、「させていただきます」は、使い方によって違和感を与えてしまう場合もあります。自分にとって便利な言葉でも、場面に合わない使い方をすると、相手に気持ちよく受け止めてもらうことができません。
 
 言葉の好みは、食べ物の好みと同じように人それぞれ異なります。自分の好みを押し付けるのではなく、相手が受け取りやすい言葉を、宝物を渡すように丁寧に届ける、気持ちが伝わる声で届ける、という配慮が関係を築く第一歩となるでしょう。


[1320] 消えた隠遁生活 Name:木村 3組 Date:2018/02/27(火) 09:14 [ 返信 ]
 おはようございます。
 
 次の文章は、一昨日2/25の佐賀新聞「有明抄」からの転載です。いつものことですが、クレームがあれば削除します。

◎幸せのモデル

 幸せってなんだっけ? 私たちは「幸せのモデル」を失った時代を生きている。かつて信じられていた、いい大学に入って、一流企業に入れれば幸せをつかめるというモデルは、すっかり色あせてしまった。

 その青年は、抱えてきた発泡スチロールの箱から、ルッコラや里芋を、ひとつひとつ大切そうに取り出した。それも「うやうやしく」と表現したくなるほどていねいに。2年前に佐賀市三瀬村に移り住んだ佐藤剛さん(34)は、農薬を使わずに自ら育てた野菜を、契約した個人宅に毎週届けている。

 「この野菜は単なる商品じゃないんです。野菜を通じて人とつながる仕事がしたくて」。定期的に買ってくれる家庭は、佐賀と福岡に合わせて10世帯ほど。出荷できるリストをメールで送り、申し込みの分だけ収穫し、自ら配達に出向く。

 愛媛県出身で、東京の有名私大を卒業し、大手銀行に入った。順風満帆だったが、「このままで幸せだろうか」と心をよぎる。縁あって出会った三瀬村の人々の暮らしに「大自然の中、プライベートと仕事の隔たりがない働き方。これだ、と」。

 届けた野菜に「昔の野菜の濃い味がした」と感想をもらうことも。「家庭を持って、ここで子どもを育てたい」。佐藤さんと話していると、幸せを追う過程そのものが幸せなのかもしれない。そう思えてくる。(了)

 この記事を読んでいて、ちょっと違いますが、テレ朝系列の「人生の楽園」を思い出しました。
 人生の楽園は、どちらかというと定年後若しくは早期退職した人の第二の人生に視点を当てた番組で、毎回よくぞ踏み切ったものだと思いながら見ています。

 とは言いながら、私も40半ばの頃、何かをしたいということではなく、ただ定年後は七山辺りに住みたいと漠然とした夢を周りに吹聴していました。

 その後、50半ばになった頃、ミッションとして与えられた仕事が、時間を切られ非常に厳しいもので、土日も無いような状態にも関わらず、仕事そのものは面白く、やりがいがあるものでしたので、このまま、60才の定年まで突っ走るつもりでおりましたところ、定年1年前に、慣習により肩たたきをされて退職。

 同僚からは、「定年後は七山に住んで、自給自足、晴耕雨読の隠遁生活をすると言っていたが、どうなった。」と言われましたが、そんな夢は、当の昔に忘れていて、無為徒食のサンデー毎日です。

 


[1319] 五番街のマリーへ Name:木村 3組 Date:2018/02/26(月) 10:14 [ 返信 ]
 おはようございます。

 ネタを思いつきませんので、私的思いを書き込みます。
 
 私は、サンデー毎日なので、テレビを見る時間は比較的に長い方だと思います。しかも、テレビをつけたままで、新聞や本を読んだり、パソコンで遊んだり、あるいは居眠りをしていますので、家人からは、テレビを見ていないなら消せと、言われ続けています。

 先日(2/21)も、何か面白いのをやっていないかと、リモコンでチャンネルを動かしていましたら、偶々大杉漣が出演している番組が目に留まり、そのまま見ていましたところ、番組の中で大杉漣が歌うシーンがあり、「五番街のマリーへ」を、アカペラで昔思いを寄せていた女性のことを思い出しながら歌う場面でしたが、何とも言えない味わいのある声で情感たっぷりに歌っていました。

 番組が終わった後に、ヤフーニュースを見ましたら、大杉漣が急逝したと流れていました。
 こんなことがあるのですね。

 数年前には、蟹江敬三、根津甚八も亡くなりましたが、3人とも下積みを経て実力を付けた役者でしたので、演技力があって好きでしたね。
 特に蟹江敬三はその風貌に私が似ているということで、勝手に親近感を持っていました。

 ペドロ&カプリシャスではなく、高橋真梨子の「五番街のマリーへ」
 https://www.youtube.com/watch?v=qFKQiT8cZPg


[1318] 「龍蟠山城雲院の寺宝の一般公開」 再掲 Name:木村 3組 Date:2018/02/24(土) 07:58 [ 返信 ]
 おはようございます。

 標題について、近まってきましたので、1/10に書き込んだものを再掲します。

                        記
 
 浦郷公道氏が住職を務めておられる龍蟠山城雲院の寺宝の一般公開が、昨年に引き続いて第2回『喫茶去』として3月3.4日の2日間開催されます。
 
 今回は「さが維新博」の盛会を祈念してというサブタイトルが付けられています。

 公開されますのは、寺宝『涅槃図・誕生絵』や『洪浩然屏風』、相良知安資料などです。

 県内にお住まいの方はもとより、県外にお住まいの方で、その頃に帰省(来佐)をされたなら、是非足を運ばれることをお奨めします。
 喫茶去というように、美味しいお茶とお菓子がいただけて、そのうえに、浦郷氏の含蓄のある話が聞けますよ。

 また、喫茶去では、今年は写仏(しゃぶつ)も予定されています。
 机に向かい、心を無にして仏を書き写す、これもまたいいものではないでしょうか。

 「写仏」とは、仏画や描かれた仏たちの姿を、下図を基にして、筆と絵の具で写し描くことで、日常生活の中で、誰でも同じ立場で自由に行えるもので、仏教の経典を書き写すことを行とする「写経」は、御存知の方も多いと思います。

 難しい経典がわからない人々に、より理解できるように絵で描き表わしたものが仏画。
 仏画を描き写すことを行とするのが「写仏」(安達原玄の造語)で、本来仏門に関わる特定の人しか描くことのできなかった仏画を、誰もが日常生活の中で描けるようにしました。

 以下は、公道禅師の年頭の言葉です。

 喫茶去 「まあ お茶でも飲んでいきなさい」 唐代の趙州(じょうしゅう)禅師の言葉
 誰が訪れても趙州禅師は「喫茶去」と言うだけ。訪れた修行中の雲水達は深い禅の奥義があるのではと師に真義を問う。すると禅師は涼しい顔でまた「喫茶去」と応える。
 趙州和尚の肝と境涯を看破せよという、古来、禅の公案として示され続ける言葉である。

 全ての客の境涯を超えて一様に心を込めて茶を供する趙州和尚の姿が涼やかにうかがえなくもない。しかし、この言葉にどう応じ、どう茶を頂戴すればよいのかは受ける者の心次第。
 一服の茶を通して己の位相が問われている。
 混濁の世なればこそ、「自利利他」の菩薩精進あらんことを。 合掌

※昨年の展示品の中には、浦郷氏の岳父故江崎保先生が、東京オリンピックで役員を務められた際に着用されたブレザーもありました。


[1313] 今日は富士山の日です Name:木村 3組 Date:2018/02/23(金) 09:51 [ 返信 ]
 おはようございます。

 今日2月23日は、皇太子殿下の誕生日です。
 そして「223」ということで、「富士山の日」ということのようです。

 で、どうでもいいことですが、「背振天山並みよろい……」に歌われている「天山」の日を、天が10、山が3と響くので、10月3日にしてはどうでしょうか。
 なお「背振山」については、語感から考えてみましたが、どうにも浮かびませんでした。不悪。

 昨年末に、富士山の雪景色の写真を、知人が送ってきましたので、それを貼り付けます。
 著作権侵害とクレームがつけば、削除します。
 もっとも、撮影者がこの部屋を訪問することはないと思います。

 また、天山や背振山の写真は手元にありません。
 私は、写真に写ると魂を抜かれるので、浮世の義理でどうしても写らなければならない時を除いて、極力写らないようにしています。無論、撮ることもしません。




[1314] RE:今日は富士山の日です Name:木村 3組 Date:2018/02/23(金) 09:52
富士山そのA



[1315] RE:今日は富士山の日です Name:木村 3組 Date:2018/02/23(金) 09:52
富士山そのB



[1316] RE:今日は富士山の日です Name:木村 3組 Date:2018/02/23(金) 09:53
富士山そのC



[1317] RE:今日は富士山の日です Name:木村 3組 Date:2018/02/23(金) 09:53
富士山そのD



[1312] おりきんばっちゃん Name:木村 3組 Date:2018/02/22(木) 08:04 [ 返信 ]
 先日、佐賀市内の地名のことを書き込みましたが、その中の「通小路」が出てくる民謡(俗謡)があったなと思い検索しましたら、下記の通りちゃんとありました。
 ご存知の方は少ないのではないかと思いますが、覚えておられる方は、是非口ずさんでみてください。

「おりきんばっちゃん」
 一 おりきんばっちゃん どけ行くかんた
   目ぐすいびんばさげて
   つっくるびーて 鼻たれて
   私しゃ通い小路(くうじ)のぇ
   黒田さん 目のようじょう
   いっからや おとちぃから
   そりゃ又きつかない
   とこ 電信柱に
   頭入(ずくにゅう)どんば 打ったくらんごとない

 二 おりきんばっちゃん どけ行くかんた
   しっきれジョウリひぁーて
   じんぱちがさどみゃ ひっさげて
   私しゃ 娘がえぇ
   田植がせぇに いきよったい
   何で行く あゆうでさい
   そりゃ又きつかない
   とこ うまんビーどんに
   トイコのふしどめゃ しいちかれんごとない

 出典:「佐賀県新民謡詞華集」福岡博編より抜粋

 ついでに、通小路を含む「片田江7小路」について、佐賀市の市報を転載します。

https://www.city.saga.lg.jp/site_files/file/usefiles/downloads/s26052_20101216043058.pdf#search=%27%E4%BD%90%E8%B3%80%E5%B8%82%E7%89%87%E7%94%B0%E6%B1%9F%EF%BC%97%E5%B0%8F%E8%B7%AF%27


[1311] 栄冠は君に輝く Name:木村 3組 Date:2018/02/21(水) 14:47 [ 返信 ]
 先日、前の職場のOB会で久しぶりに会った先輩から、北高が甲子園で優勝した時の様子をバックに「栄冠は君に輝く」がYouTubeで流れているぞと、教えられました。
 このYouTubeについては数年前に見つけ、既にこの部屋に貼りつけていましたが、忘れられないように、これを機に再度(再再度?)貼り付けます。
 優勝した試合のスコア5−4を表示したスコアボードもスライドに出てきます。


https://www.youtube.com/watch?v=A3pd2U_6Fxk


[1309] 北高書道部23連覇ならず Name:木村 3組 Date:2018/02/20(火) 08:42 [ 返信 ]
 北高書道部が創設以来昨年まで22連覇を続けていた「全日本高等学校書道コンクール(全日本書道芸術協会主催)」で、今年は団体最高賞の「最優秀団体校賞」を得ることが出来ず、実質2位の「特別優秀校」となり、23連覇を逃しました。
 
 高校生を対象にした書道コンクールは他にもありますが、関係者の話によりますと、このコンクールは歴史は浅いものの、レベルの高いコンクールで高評価に値するものだということです。

 以下佐賀新聞記事からの無断転載です。クレームがあれば、削除します。

 全日本高校書道コンクール 佐賀北書道部「特別優秀校」
 連覇逃すも大賞13点、準大賞9点

 佐賀市天祐の佐賀北高書道部が、第23回全日本高等学校書道コンクール(全日本書道芸術協会主催)の団体賞で特別優秀校に輝いた。第1回から団体最高賞の最優秀団体校賞を取り続け22連覇を果たしていたが、今年は実質2位の特別優秀校で惜しくも連覇を逃した。

 全国45都道府県の360校から昨年より981点多い1万7204点の応募があった。約150部門でより多くの大賞と準大賞を獲得した高校に、団体賞が贈られる。佐賀北高は大賞13点と準大賞9点を受けたが、団体の最高賞には近年海外の展覧会でも実績を残す国府台高(千葉県)が輝き、ついに連覇の記録が途切れた。

 同校書道科の松尾洋一教諭は「伝統のたすきをつなぎたいと生徒たちはプレッシャーを感じていた。強豪校が『打倒佐賀北』と努力したことで、全国のレベルが上がった」と話す。卒業を控えた3年生は、3月8日から佐賀市文化会館である卒業記念展に向けて「最後までやりきる背中を後輩たちに見せたい」と気持ちを切り替えて、日夜準備に励んでいる。


[1310] RE:北高書道部23連覇ならず Name:木村 3組 Date:2018/02/20(火) 08:53
 北高書道部については、同窓会総会や校長・後援会長の全国表彰祝賀会などで、書吟を披露してもらっていました。
 私が同窓会の役員をしていた頃、北高には詩吟をされる先生がおられて、その先生の朗々たる吟詠に合わせて、袴にたすき掛けの生徒たちが、ステージに立てられた大きな紙面に、墨痕鮮やかに詩を書いていくのは、実に感動的でした。


[1308] スポーツネタです Name:木村 3組 Date:2018/02/19(月) 13:32 [ 返信 ]
 開催中の冬季五輪でもそうですが、最近の日本代表選手の話しを聞いていますと、緊張感や悲壮感はなく、実に競技を楽しんでいます。
 以前だったら、日の丸を背負っているという高揚した使命感が身体全体に表れていて、辛いだろうなと思って見てました。  
 最も、腰パン姿で物議を醸した選手(競技)のように、遊びの延長線上にあるものは別です。

 他方、外国人は、スポーツは先ずは楽しむものだという考え方のようです。

 次の文章は、大学のブカツドウで「根性」を身につけた女子留学生の話です。

「留学生は見た! ブカツドウに青い目を白黒」 日体協発行「スポーツジャーナル」より 東京外大3年生レイチェル・アンドリュー 著

 オーストラリアでは女の子の大半が、サッカーかネットボールをする習慣があります。私も、友だちの影響で小4からサッカーを始め、中2の頃まで地元の女子クラブチームに所属し、夢中になってボールを追いかけていました。

 その後、大好きなサッカーと再会したのは2008年。その年私は東京外語大学の日本語学校に奨学生として入学し、グラウンド脇に建つ寮に入ったのです。7階の部屋のベランダから見下ろすと、目に入ったのは女子サッカー部の練習風景。「私もやりたい!」という気持ちが抑えきれず、キャプテンに直談判、翌年大学に進学して本格的に活動を始めました。

・痛い、キツい、面倒臭い!

 ところが最初は戸惑いの連続。まず、オーストラリアの芝に慣れていた私は「何でグラウンドが土なの!?」と半泣き。土は転ぶと痛いし怪我をする、私も一時はナマ足で歩けないほど足が傷だらけになってしまいました。そのうえ、練習前にはグラウンド整備もしなければいけない!

 環境の違いといえば、グラウンドそのものを確保することの大変さにもびっくり。友だちとサッカーをしようと思っても、日本では所有者の許可を取り、予約をし、料金を支払うなど、何かと面倒。土地だけは広いオーストラリアではグラウンドの数も多く、皆自由に使うのが当たり前でしたから。

 さらにもうひとつ、ショックだったのは練習のキツさと長さ。週3回、基礎練習やその時々の課題の練習、続いてゲームと3時間に及ぶハードな練習は、それまで遊び感覚でサッカーをやっていた私にとって、まさしく想像を超えるもの。最初は本当に死ぬかと思いました。しかも練習後、ボロボロの身体を引きずって寮に戻り、ふとグラウンドに目をやると、まだ自主練習をするチームメイトの姿が。「日本人って一体…」。

 ・「根性」が身についた

 ほかにも、試合のビデオチェックだ掃除だと部員としてやることは山積み。奨学生である以上、勉強の手抜きは許されないため、心身両面にプレッシャーがのしかかり、辞めてしまおうかと悩んだこともありました。

 でも、日本のアニメを見て日本に興味を持ち、中学時代から日本語の勉強を続けてきた自分が、大好きな日本で送る1度しかない大学生活。ここはひとつ根性を出して、粘り強く頑張らなければ!と。

 3年生になった今は、勉強にゆとりができ、サッカーの練習にもすっかり慣れて、身体を動かしているときは本当に充実感たっぷりです。今では、スポーツに対する考えも、オーストラリアの゛楽しむ゛感覚と日本流の厳しさ、どちらも大切だと思うようになりました。

 そろそろ就活もはじまりますが、日本で仕事に就き、そのかたわらで、これから先もずっとスポーツを楽しんでいくことができたらな、と願っています。でも実は、外大やチームメイトと別れたくない、というのが本音ですけどね。

 ※ネットボール=バスケットボールのルールをもとに、女性向けにアレンジしたスポーツ 


[1307] 佐賀市内の町名 Name:木村 3組 Date:2018/02/18(日) 15:43 [ 返信 ]
 先日、私が生まれ育ったのは高木瀬町長瀬だと書きましたが、佐賀市内には長瀬町というのがあります。その由来は後述します。

 ところで、佐賀の街には新住居表示で味も素っ気もない町名があります。
 反面、昔からの町名も現存しています。

 1980年(昭和55年)3月10日発行の「佐賀県の地名」に、佐賀城下の武家地の町名として、松原小路、中ノ小路、八幡小路、高木町裏小路、田代、片田江小路、鷹師小路、水ケ江、大崎、今泉、古賀、今宿裏小路、竜泰寺小路、正丹小路、川原小路、本行寺小路、妙安寺小路という地名が「佐嘉繁昌記(1751年)」に記載されているとあります。
 このうち、今泉と古賀はどこなのか分かりませんが、それ以外は今でもそのまま残っているものや〇丁目となって残っているものがあります。

 他方、同じ「佐賀県の地名」の中には、佐賀城下の町方支配地の町名として、牛島町、高木町、上芦町、下今宿町、紺屋町、材木町、裏町、上今宿町、柳町、蓮池町、呉服町、元町、東魚町、八百屋町、中島町、夕日町、白山町、勢屯町、米屋町、中町、唐人町、唐人新町、唐人寺町、多布施町、伊勢屋町、岸川町、伊勢屋本町、点屋町、西魚町、六座町、駄賃町、長瀬町、本庄町、道祖元町という地名が「文化14年郷村帳(1817年)」に記載されているとあります。
 これらの町名もそのまま残っているのがあります。
 夕日町なんて風情がありますね。今の佐賀市白山2丁目と中央本町辺りの古い町名のようです。

 さて、長瀬町の由来ですが、「佐賀県の地名」には、長瀬町は長崎街道を西の方からくると城下の入口、東の方からくると出口に近い東西に長い町である。慶長年間(1596〜1615)に鍋島勝茂が城下町を創設するとき、城北の郊外長瀬村(現高木瀬町)に住んでいた初代肥前忠吉をはじめとする刀鍛冶やその他鍛冶屋を移住させた。長瀬村から移住してきたので長瀬町と言われたとあります。
 
 城北の郊外長瀬村とは、今の佐賀市高木瀬町長瀬のことで、私が生まれ育ったところです。私の実家の畑は、その初代肥前忠吉の刀鍛冶場があったところで、実家の庭には、佐賀市刀剣愛好会が建立した「刀匠初代肥前忠吉公初めて鍛刀の地」と言う石碑が建っています。

 記念碑は、元々木製のものでしたが、古くなってボロボロになったので、私が実家の五右衛門風呂の焚きつけにしてしまいました。
 その後、私が中学の頃だったと思いますが、愛好会から忠吉公の木柱が腐食してなくなっているので、石碑を建立したいとの申し出があり、風格のある記念碑が建てられ、50年以上経過した今も現存しています。

 なお、私の家は肥前忠吉(姓は橋本)とは何の関係もありません。
 肥前忠吉が住んでいたところに、たまたま私の実家かあるというだけです。
 また、今はどうか知りませんが、私が小さい頃、畑の土を深く掘り起こすと、鉄の塊が出てきてました。
 以上どうでもいい話でした。


[1306] 春一番 Name:木村 3組 Date:2018/02/17(土) 08:09 [ 返信 ]
 おはようございます。

 2月14日に春一番が吹いたそうです。
 「そうです」というのは、知らなかったからで、サンデー毎日の私は、テレビのニュースは無論のこと、新聞は隅から隅まで読んでいるのですが、春一番が吹いたというニュースは耳にすることも、目にも留まることもありませんでした。
 
 春ですね。梅です、桜です。

 高伝寺には行っていないので、詳しくはわかりませんが、例年だと、白梅がようやく見頃ではないでしょうか。紅梅は、これからというところでしょうか。

 この季節には、早春賦ですね。
 https://www.youtube.com/watch?v=inYwjOZbK2A

 今朝は、昨日の書き込みが長すぎたので、こいだけ。そいぎね。


[1305] 旧制佐賀高校水泳部物語 Name:木村 3組 Date:2018/02/16(金) 17:34 [ 返信 ]
 先日、以前の仕事仲間と飲んでいて、純粋の佐賀弁とはどういうものかという話になり、何か書いたものはないかと探していましたら、横道に逸れて旧制高校の学生生活が覗ける記述に行き当たりました。
 出典は、大変古く昭和52年10月31日付け発行の 佐賀新聞社刊「佐賀スポーツ人国記」です。
 面白くもない話ですが、お付き合いください。

 内容は、昭和7年の旧制佐賀高等学校水泳部の合宿レポートで、筆者は、後にTBSニュースキャスターとなる入江徳郎という人です。
 なお、旧制佐高水泳部は、全国高校水上競技大会の第1回から第3回まで3連覇した栄光の水泳部とあります。 
 題して「河童連合宿記」
 
 7月6日より水泳部の合宿生活が始まった。メンバーは3年生岩本、入江、古賀、2年生栗原、隈部、島田、大村、岩永、斉藤、1年生得丸、立石、青木の面々。

 朝8時ーあいきよう者の村上東大(OB、東大生)がボロぐつを丁寧にみがいて残りのくつずみを西田(留年中)の頭に塗って一人で喜んでいるのに、部員はみな白河夜船の最中。

 朝9時ー起キンバジャ、起キンバジャと、いとも流ちょうな佐賀弁を操って江川氏(OB、東大生)がみんなをひっぱりおこす。ウウーンで起きるのは最上の部。1番寝坊は栗原に入江。踏めどゆすれど起きればこそ。
 
 朝10時ー2千bも泳いではちょっとヘトヘトで水の中でも汗は出るし目もかすむのに閉口する。独特の頭をふりたててものすごくスパートするは隈部、ゴールあと10bといったところ、がんばれ、新記録!タイムすごいぞ!とみなが声限りに励まして、100b1分8秒。これだと2着はいけそうだと先輩が喜ぶ。

 水泳部には将棋家が断然多いが、インチキ氏を除いたほかはみなヘボの域。青木、栗原、岩本、立石、入江と、ちょうど同じレベルの連中が毎日詰んだり詰まれた
り。「フウケもんめ、詰まるるも知らジイ」「下手が何ばコクキャア、負くるギイもうコマば投げてもよかジャア」「ヘッ、ヘ、片腹痛くてクソの出るジャッコ、ぐずぐずするぎ詰むバンタ」。岩本と青木の口角アワをとばしてものすごい応酬に形勢いかんとのぞいてみると、岩本がやっと飛車の前の歩を一つ突いたところ。

 午後3時ー再び練習。練習となると、さすがにみな真剣味あふれてヘトヘトになるまでのがんばり。横を泳ぐ友がうらみ深き八高に見え、五高に見え、無我夢中で水をかいてダッシュ、ダッシュー。

 午後6時ーメシを食ってしまうと、またひとしきり集まって雑談。散歩するころまで空の夕映えはまだやまぬ。高伝寺の鐘の音が野をはうと、わきいずる郷愁。父にも母にも会いたい、故郷に帰りを待つ人の幻を描きながらヤンチャぞろいの部員も窓にもたれてインタハイまでは籠の鳥の身を寂しく思わずにいられない。

 私のラブさん 佐高の栗原さん
 色は黒いが 佐高じゃヨカ方
 泳げ泳げ泳がぬ者に だれがお嫁に行くもんか
 筑紫の南端 葉がくれ佐賀の
 佐高のプールでピチャピチャ泳ぐ
  
 栗原のセンチメンタルな声がアツかましい歌を歌う。−サアァケは涙か、ため息かァー得丸が草原で鳴き声を出すと、感情否定論者フジヤンの蛮声二階より声あり。「バカッ、酒は米のシルじゃ」

 午後9時ー門限がきてみな、しぶしぶ部屋で蚊に食われていると、プールに聞こえるはドブンという低い音。さてはオレにほれたお嬢様がついに身投げか、こやつは助けざあなるめェと走って行くと何だ、本庄村の青年団みたいのが3人ばかり犬かきで泳ぎながら、こちらを見上げて「ホンニィすまんナタァ」「ああこの野郎め」「外来者の無断遊泳は厳禁です。夜泳いだら危険でもあるし上がってください」「ほんにィ、ソギャンナタア」そういいながらゆらゆらと泳いでいる。ああ、この不感症め!脅かしてやれ。「それに、このプールは漂白用に日が暮れるとすぐ、カルキってとても強い薬をまきますから、すぐ泳ぐととても毒ですよ。体の皮もみなむけるし、うかつに飲みでもしたら激しい下痢をやりますよ。まあ死にはしないでしようがね」 了

※インチキさんとは、和歌山県出身の西田恒平のことで、本文では次のように紹介されています。

 旧制高校には、たいてい奇想天外な言動の名物男がいた。みんなの人気者で、仲間からこよなく愛される。
゛インチキさん゛のあだ名で親しまれていた西田恒平は旧制佐高水泳部きっての名物男だろう。
 弱視で「オレが目が見えるなら兄貴より跳べている」と豪語していたが、その兄貴とはロサンゼルス、ベルリン両オリンピックの棒高跳びでそれぞれ銀メダルを獲得した西田修平のことである。

 ゛インチキさん゛こと西田は2回落第して6年間も水泳部にいた最も熱心な部員であった。
 あだ名の故事来歴は定かでないが、同着なら必ず西田にがい歌があがったとの伝説がある。
 ゴールのタッチ板にタッチして顔を上げる凡人に対し゛インチキさん゛は、巧みにもタッチの寸前に顔を上げ、審判の目をくらましていた。

 これは彼の京大時代の話だが、例によって金に困ったので和歌山の実家から妹のダイヤの指輪かれこれ持ち出した。
 そのなかには、兄の西田修平がベルリンオリンピックで2位になり、3位に入った大江孝雄のメダルの銀、銅半分づつつなぎ合わせた、あの゛友情のメダル゛も入っていた。
 ところがのんきな゛インチキさん゛は、包みを和歌山駅に忘れ、中身を調べた駅長さんが、びっくりして実家へ連絡したというエピソードもある。

 とにかくカンと運動神経抜群の人で、ほとんど見えない目でプールサイドを歩きながら後輩の泳ぐ水音を聞き、「肩が下がっている」と指導をしていた。
 実際、助走なしで3bも跳んでいたというから、「目が見えたら兄貴よりも跳べていた」との言葉は、あながちインチキではなかったろう。 了


[1304] 言葉の雑学 最終回 Name:木村 3組 Date:2018/02/15(木) 08:49 [ 返信 ]
 50年前の卒業式、何か思い出されましたか。
 ある人から、ほとんど覚えていないが、ベランダで卒業証書を手にして写真を撮った記憶があると聞きました。

 言葉の雑学は、今日で最終回です。

◎言葉の雑学 最終回     

●当て字は「文化」を移しかえる力業
 出典 : 井上ひさし著 「井上ひさしの日本語相談」 

 日本語には当て字がたくさんある。
 「御目出度う(おめでとう)」「出鱈目(でたらめ)」「背広(せびろ)」「型録(カタログ)」などがそれである。
 ところで、そもそも当て字とはなにか。
 これを学問的に定義することはとてもむずかしい、といわれています。
 それに加えて紙数にも制限がありますので、一通りのことを駆け足で説明しておしまいにいたします。
 
 日本に漢字が輸入される前から、たとえば「やま」ということばがありました。
 日本にも「やま」というものがある以上、それに対応することばはあるのは当然です。
 さて、そこへ漢字が入ってきた。
 そして日本の「やま」と見合うものが漢字では「山」であるとわかった。
 こうして「やま=山」という関係、さらに中国の音をも加えた「やま=山=さん」という関係が成立し、固定します。
 漢字輸入期にはこういった関係がたくさん生まれ、そこでそのうちに、「山」という字は「やま」と読むのが正しく(正訓)、「やま」には「山」の字を当てるのが正しい(正字)とされるようになりました。
 
 ところが日本語の意味に対応する漢字のないときはどうするか。
 中国にないものは、もともと漢字が存在しないのですから書き表しようがない。
 そこで発明されたのが万葉仮名だった。
 これは一音一字の表音文字ですから、日本語の音を漢字に移しかえることができます。
 あるいはまた、意味の対応は諦め、便宜的に漢字の音や訓を借りて、とにかく日本語を漢字にするというやり方も行われました。
 大雑把にいえば、これが当て字です。

 話をいきなり飛ばして明治期になると、日本になかった西洋の文物がどっと入ってきます。
 それらを漢字で書き表さないとうまく使いこなせない。
 そこで当て字法が活躍する。
 その際、意味の連想の働きやすい字が選ばれることが多かった。

 たとえば「婦雷(フライ)」(婦人が雷のような音をさせて揚げるところから)などはなかなかの力作だったと思います。前述の「型録(カタログ)」は大傑作です。「食蒸餅(シヨクパン)」というものもありましたが、これは苦しい。

 話を飛ばしてしまったせいで歌舞伎の外題にふれることができませんでしたが。外題は当て字の宝庫、江戸の芝居者たちのすさまじい力業に感嘆するほかはありません。

 ここまでを復習(おさらい)すれば、当て字とは、単語の音を漢字で表記する方法の一つで、どこかこじつけがましいやり方でそれがなされているもの、と定義できるかと思います。

 近ごろの傑作をいくつか列挙してみましょう。「寝繰着(ネグリジエ)」、「満層荘(マンション)」、「意明示(イメージ)」、「憂慰酔喜(ウイスキー)」、「軽ハズミ、してみたい。僕たちの軽験」(カティサークのコピー)、「筆需品」(パーカーほか六社の合同広告)、「肺見。パシャリ」(財団法人結核予防会)、「珍豚美人(ちんとんしゃん)」(酒場名)。どれもよくできていますが、すこしこじつけがすぎるかもしれません。
 
●3期生の私のつぶやき
 使われ始めてから、かなり経ちますが、次のような言葉使いが非常に気になります。

 ・居酒屋やファミレスでの「なります」
 ・スポーツ選手などの「がんばりたい」
 ・何を見たいのか「みたいな」
 ・何を感じるのか「感じ」  
 ・何がやばいのか「ヤバイ」
 ・他にも「かな」、「今一」などがあります。
 
 「与える」という言葉も気になります。例として、高校野球の選手宣誓で、「全国の皆さんに夢を与える」という言葉がよく使われます。
 また、優秀な成績を収めたスポーツ選手が、「私の活躍が皆さんに感動を与えたことを嬉しく思います」と言うのを聞きます。
 少し前にスポーツ関係の雑誌を読んでいて、元ヤクルトスワローズの古田敦也が、野球で夢を与えるという人がいるが、それは違うのではないか、与えるというのは上から下への言葉である。あえて言うなら「届けるではないか」と語っていました。まさしく、我が意を得たりと思いました。

 なお、「嬉しく思います」という言葉は、天皇陛下が使う言葉だと思っていましたのに、今では……も使っています。

 他にも、「ら抜き言葉」、「語尾上げ語尾下げ」なども嫌ですね。


[1303] 卒業式から50年経ちました Name:木村 3組 Date:2018/02/14(水) 09:14 [ 返信 ]
 50年前の今日昭和43年2月14日は、佐賀北高等学校第3期生の卒業式でした。
 卒業式のことを覚えていますか。
 大学受験のため、卒業式に出られなかった仲間もいました。
 半世紀です。この50年は長かったですか、それとも短かったですか。

 「蛍の光」、「仰げば尊し」は、歌詞が古臭く意味が理解出来ない、時代に合わないということで、歌われなくなりました。
 こんな素晴らしい歌が、消えていくのは何とも寂しい気がします。

 蛍の光
 2番まで 
 https://www.youtube.com/watch?v=brUWAlQsWMg
 4番まで
 https://www.youtube.com/watch?v=uSBzZyIxdak

 仰げば尊し
 https://www.youtube.com/watch?v=5zJ32QZAsSA

 北高校歌
 https://www.youtube.com/watch?v=lL2i1DKg3dw


[1302] 言葉の雑学D Name:木村 3組 Date:2018/02/14(水) 07:57 [ 返信 ]
 おはようございます。
 今朝は、雪もなく冷え込んではいますが、穏やかです。
 再び言葉の雑学です。このシリーズはあと一回で終わりますので、お付き合いください。

◎言葉の雑学5 

●させていただく
 歯医者に行ったところ、たいへん丁寧な先生で「椅子をあげさせていただきます」「注射をさせていただきます」と、させていただくの連続。
 このぶんだと「これよりガリガリさせていただきます」なんてことになりはしないかと、ビクビクした。

 さて、この「させていただく」は、許しや承諾を求める意味あいのことばである。謙虚な表現ではあるが、多過ぎると、いやみであり卑屈な感じにも聞こえるし、ヘタをすると痛くもない腹をさぐられかねない。最初の歯医者さんの話し方など、まるで患者である自分がモルモットにされるような気がしてくる。

 司会者がよくいう「これより祝賀会をはじめさせていただきます」「原先生をご紹介させていただきます」「4時には終了させていただきます」は、それぞれ「はじめます」「ご紹介いたします」「終了の予定です」で十分。ほんとうに使うべきときに使って、はじめて敬語は生きてくる。

「時間の都合で、本文は省略させていただきます」のように了承を求めるとか、とくに謙虚さを示すことが必要な場合にだけ用いれば良い。いくつか使い過ぎの例をあげておこう。

「定休日につき休ませていただきます」 → 「定休日につき休業いたします」
「眼鏡の片方のレンズは、無料で進呈させていただきます」 → 「眼鏡の片方のレンズは、無料で進呈します。」
「出血大サービスさせていただきます」 → 「出血大サービスします」

●方・お方・人・者
「近ごろ、ペットをお飼いになる方が多くなりました」「酔っぱらった方が、駅のベンチで寝込むことが多い」のように、「方」の乱用が目立つ。
 
「方」は「人」「者」の敬称であるから、目の前にいる人とか、事件に関することなどで敬意を表する場合に使い、そのほかは「人」「者」が良い。

 次に誤用の例をあげる。(かっこの中が正しい)
@こちらにいらっしゃる人(方)は、一次試験の合格者です。
A昨年、申告された人(方)は、右の列に並んでください。
B原爆で亡くなった人(方)の慰霊祭を行います。
C妻が夫を指し、第3者に対し「この方(人)は、お酒だめなんです」
D「いま、営業の方(者)がまいります」 
 @とAは、目の前にいるから。Bは、敬度の高い厳粛な事実だから。Cは、身内だから「人」または「主人」と言い換える。Dも身内だから。



[ HOME掲示板TOP一覧表示ツリー表示トピック表示新規投稿記事検索記事修正・削除携帯用URL管理用 ]

121件〜140件(全642件)  2345791011       <RSS>    【管理者へ連絡


無料レンタル掲示板・日記・ブログ WebSpace