74777
3期生の部屋

「3期生の部屋」へようこそ!
この掲示板は、北高3期生のための情報発信基地です。
3期生のイベント案内や相互連絡…また、個人的な日常の所感…等々、
いろいろな情報発信に使ってください。
ただし、良識を逸する書き込みはご遠慮ください!
せっかくの「3期生の部屋」ですので、皆さんの投稿を★ヨ・ロ・シ・ク★
[ HOME掲示板TOP一覧表示ツリー表示トピック表示新規投稿記事検索記事修正・削除携帯用URL管理用 ]


[1124] 少しまじめな話を Name:木村 3組 Date:2017/09/09(土) 15:02 [ 返信 ]
 願生此娑婆国土(がんしょうししゃばこくど)し来たれり

 過日、知人の家族にご不幸があり、その通夜に参列しました。
 曹洞宗のお坊さんの読経を聞いていましたら、願生此娑婆国土という一節が耳に入ってきました。
 
 この「願生此娑婆国土」という御経の一節を初めて聞いたのは、30年位前だったと思いますが、当時も今同様、子どもの自殺が問題となっていました。(最近も、夏休みが終わり、学校が始まった途端、中高生が自殺したというニュースを目にしました。)

 そんな時代背景があって、お寺の住職で高校の教員をしていた知人から、教えてもらった言葉です。
 その意味は、「私たちは願いによってこの世に生まれてきたのです。仏さまや父母、無論自分自身の願いがあってこの世に生を受けたのです。人は願ってこの世に生まれてきたものです。」と聞いた記憶があります。(違っておれば、どなたかご指摘ください。)

 知人は、「このように自分自身の願いによっていただいた命なのだから、大事に毎日を過ごさなければならない。それなのにせっかく与えられたその尊い命を全うせず、如何なる事情があろうとも自らその命を絶つということは、人のみちに外れる。精一杯生きなければならない。」と説いてくれた記憶があります。(これも古い話なので、間違って記憶しているかもしれません。不悪。)
  
 この住職兼元国語教師とは、他の同級生も含めてときどき飲んで、馬鹿話から青臭い話までするのですが、私には、いい刺激になる集まりであり友なのです。
 酒席ではありますが、彼は、よく仏さまやお経の話をしてくれます。それもより深く、より詳しく聞かせてくれるのですが、覚えているのはこの言葉「願生此娑婆国土」だけで、それだけ印象的な言葉でした。

 仏さまやお経の話を聞いたその時は、実にいい話だと思って感心して聞きます。しかし、酒のせいにしては酒に申し訳ないのですが、翌朝には、せっかくのいい話は頭のどこにも残っていません。
 ボンクラはいつまでたってもボンクラなのです。

 こんなことを思い出したということは、極楽浄土(私の場合は地獄?)に引っ越す準備(終活)をせよという仏さまの諭でしょうか。
 ただ、私は正月には神社に、お盆にはお寺に、そしてクリスマスには教会にお参りに行くような信仰心の厚い人間です。
 この世には、まだ未練もありますので、できればもう少し待っていただければありがたいのですが。


[1123] この部屋の訪問者 Name:木村 3組 Date:2017/09/07(木) 10:51 [ 返信 ]
 この3期生の部屋は、およそ8年前の2009.11.21に開催しました還暦同窓会の際に、上野さんがそれまでの3期生の部屋をリニューアルしたものです。

 左上に小さいカウンターがありますが、この書き込みするために開いた時のカウンター数は68,179でしたので、訪問者は計算上24人/日です。

 この数字が多いのか少ないのかはわかりませんが、もう少し多くの方に訪問して欲しいところです。

 そして、みなさんには訪問だけでなく、何か書き込んでいただけたらと思います。


[1121] どうでもいい話です。 Name:木村 3組 Date:2017/09/05(火) 15:43 [ 返信 ]
 県庁通りの商工会館の北側に、今はありませんが、昔、「クルミ」という喫茶店(レストラン?)があったのを覚えておられますか。
 高校生が喫茶店で屯して珈琲を飲むという時代ではなかったので、記憶にないかもしれませんね。
今右衛門焼佐賀店有銘堂の隣か、同じ建物かどちらかだったと思います。

その店には、
  ク(来)る客は
  ル(類)いなき店と
  ミ(皆)な言う
 と書かれた色紙が飾られてました。

 書いた人は、石黒敬七という柔術家で、随筆家でもあり、テレビタレントでもありました。
 本業の柔術では、空気投げなどに独自の技風を開発した人です。

 昔、NHKのラジオ番組で、「とんち教室」というのが放送されていたことを覚えておられますか。
 石黒敬七は、その番組のレギュラー出演者で、スポーツタレントのはしりといわれた人でもあります。

 戸板康二著の 「ちょっといい話」に、石黒敬七のことが次のように書かれています。
 
 玉川一郎(浪曲師)が、石黒敬七に、
「先生は柔道八段だそうですが、四段や五段なんか、ブンブン投げておしまいになるんでしょう」と訊いた。
 旦那の答。
「キミ、陸軍大将が鉄砲を撃ったら、いちばん、うまいと思いますか」

※ネットで検索しましたら、とんち教室(とんちきょうしつ)は、1949年1月3日から1968年3月28日にかけて放送されたNHKラジオのバラエティ番組で、19年間にわたって放送された長寿番組だとありましたので、我々が生まれて高校を卒業するまで続いたことになります。

 ところで、県庁とお濠&貫通道路を挟んだところにあった商工会館は、建設当時佐賀県で一番高い建物だといわれていたという記憶があるのですが、間違いですかね。
 その商工会館は白山のダイエーがあったところに建て直され、跡地にはNHK佐賀放送局が新築されるということで、更地になっています。
 もともとラジオ放送の時代の佐賀放送局は商工会館の中にあって、そこから「JOSP」のコールサインでラジオ放送がなされていました。(高校野球のNHK杯は、元々SP杯という大会名でした。)
 
 新しい局舎について、計画では地上3階建て(延床面積5,120平方メートル)で、中には放送センターとしてニューススタジオ(1層100平方メートル)を設置。またハートプラザなどに隣接した1階には汎用スタジオ(2層吹抜け150平方メートル)を併設。平成29年度中に着工し、平成30年度中に竣工。平成31年度中の運用開始を目指す。とされていましたが、今年の7月18日の建設工事施工業者の入札が、「不調」となったことで、今後のスケジュールは未定となっています。

 平成25年5月には県病院も嘉瀬に移転しました。
 県庁の展望ホールから佐賀市内を見渡しますと、変わり様がよくわかります。県外にお住まいの方、帰省の折にはぜひ一度足を運んで見てください。
 この展望ホール、夜は夜で趣向を凝らしたものをやっていますよ。


[1122] RE:どうでもいい話です。 Name:木村 3組 Date:2017/09/06(水) 09:27
 県庁の展望ホールで何があっているのかという問い合わせがありました。
 その答えは、下記アドレスにどうぞ。
https://saga-art.jp/


[1120] 三期会 Name:りぼんちゃん Date:2017/09/04(月) 22:15 [ 返信 ]
9月3日(日)三期会が「千寿」でありました。
26名の参加で盛り上がりました。




[1119] 三期会 Name:りぼんちゃん Date:2017/09/04(月) 22:14 [ 返信 ]
乙女?の中に一人ご機嫌の方が写っています。



[1118] 第55回北高祭 Name:木村 3組 Date:2017/08/30(水) 11:53 [ 返信 ]
 北高のすぐ側(北高に通った娘は、チャイムがなってから走って学校に行っていたほどの近さです。)に住んでいる私の家に、今年も「第55回北高祭に係るお願い及びご案内」と題したチラシがポスティングされてきました。

 それによりますと、
 前夜祭 9月5日(火)17:30〜19:30
     参加者は男子生徒全員 小雨決行  
 文化祭 9月6日(水) 8:50〜15:30
     文化部展示、クラス展示、舞台発表等
 体育祭 9月7日(木) 8:20〜15:30
     雨天順延(9日)
 とあります。

 前夜祭や体育祭は変わりようがないかもしれませんが、文化祭はクラス展示とか舞台発表はなくて、演劇、弁論大会、紅白歌合戦、ブラバン演奏、エレキギター演奏などをやっていたと思います。

 エレキギターは、昭和41年の文化祭でのエレキギター演奏の際に、3年生を中心に当時流行のモンキーダンスを踊ったことを学校側が問題視し、翌年の文化祭ではエレキギターの演奏が禁止されました。
 因みに、西高は許されていました。

 仕方がないので、アコースティックギターにギターマイクをつけ、アンプの音量を目一杯あげて演奏をしてもらったところ、高添教頭からあれはエレキギターではないかと詰問されましたので、わかりやすく「電気ギターではありません、普通のギターにマイクをつけただけです。」と説明しましたところ、納得はされなかったものの、止めろとも言われなかったという記憶があります。

 


[1117] 卒業50周年同窓会への案内 Name:木村 3組 Date:2017/08/21(月) 10:13 [ 返信 ]
 先日、実行委員会で案内状を発送しましたので、みなさんのお手元には、既に届いているものと思います。
 この3期生の部屋には、その都度、事前告知や住所照会、あるいは準備作業の様子などを掲載してきましたので、今回、最終案内文も転記しました。

  佐賀北高3期生 卒業50周年同窓会のご案内

 盛夏の候、皆様におかれましては益々ご健勝のこととお喜び申し上げます。
 さて、佐賀北高校の第3期生(昭和43年卒)が佐賀北高を巣立って、早くも50年の歳月が過ぎました。
 これまで、卒業30周年・40周年・還暦・45周年…と同窓会を開催してきましたが、その集大成として50周年同窓会を開催します。
 これまで参加されたことがない方もおられると思いますが、3期生全体での同窓会は最後になるかもしれません。
 つきましては、下記の要領で卒業50周年同窓会を開催致しますので、ぜひご出席くださるようご案内申し上げます。
 また、懇親会終了後にマリトピアにて二次会を開催しますので、併せてご参加ください。
                       

                  記

●日時/平成29年11月16日(木) 17:00受付 18:00開式
●会場/マリトピア(佐賀市新栄東3−7−8/Tel0952−23−0111)
◎懇親会費/8,000円
◎二次会費/2,000円(希望者のみ)   

◆同封したハガキにて9月末日までに出欠の返信をお願い致します。

◆ご出席の方はお手数ですが同封の振込用紙にて10月20日までに会費をお振込みくださるようお願いします(振込料はご負担ください。)

開会前のひとときを楽しい歌声で…
※ウェルカムコンサートを開催! ・17:00〜 ・マリトピア内
 《出演》女性三重唱 フェリーチェ(北高15期生)/北楠混声合唱団(3期生も7名参加)

※当日は新しい校門、校舎の見学会も予定しています。見学希望の方は16:00に校門前に集合してください。(見学会=約1時間、終了後に同窓会会場へ移動します。)
  
 平成29年7月吉日
佐賀北高3期生 卒業50周年同窓会実行委員会
実行委員長 中溝 聖人

【お問い合わせ・連絡先】info@ad-80.co.jp/080−9053−3786(上野)



 


[1116] 東筑青野監督語る Name:木村 3組 Date:2017/08/19(土) 08:55 [ 返信 ]
 友人から、お前は野球の事ばかり書き込んでいるが、世の中の野球を知らない人、興味のない人からすれば、面白くも何ともない事で、読む気にもならないぞと言われましたが、私は、「たかが野球されど野球」です。

 ◎激戦区の福岡を突破 東筑・青野監督に聞く“進学校の野球”  8/7(月)17:02ヤフー配信を無断転載

●選手としても甲子園を経験(C)日刊ゲンダイ

 8日に登場する東筑(福岡)は今春、現役で161人が国立大に合格した県立の進学校。1日平均2〜3時間の練習で、激戦区の福岡を勝ち抜いた秘密は何か。指揮を執るのは東筑OBで、体育科教諭の青野浩彦監督(57)。選手として78年夏、指揮官として96年夏の甲子園を経験した同監督に話を聞いた。

■県大会が「ミニ甲子園」

 ――強豪が多い福岡で優勝。
 「“(優勝を)狙ってもいないのに行ってしまった”というのが強さの秘訣かな。逆に、県大会でのプレッシャーはすごかった。公立高校にとっては、県大会が『ミニ甲子園』みたいな意味合いがある。欲がなかったのがよかったのかもしれません」

 ――野球ばかりの私立には負けたくない?
 「私立相手には負けてもともとだから、めちゃくちゃ思い切ったことができる。逆に私立は公立に負けられないというプレッシャーがあるでしょう。今回の県大会(の終盤)は全部甲子園の経験校だったので、面白かったですね」

 ――1日2〜3時間しか練習しないと。
 「うちは『勉強重視』というより『勉強の学校』ですからね。今は『完全下校』というのがあって、20時までには学校を出て帰りなさいというルールが、ここ6年くらいの間にできたのです。それまでもあったけど、そんなにやかましくなかった。今は厳しくなりましたから。月曜と金曜はグラウンドを全部使えるけど、火曜と木曜は使えるのは内野だけなので、どこか外で練習できる球場を見つけてやります。水曜は18時からバッティングができるけど、できないときは内野を使って守備練習やトレーニングを工夫しながらですね」

 ――試合は一日順延。練習場所の確保がなかなか難しいと。
 「もし、練習場所がなかったら自習にしようか。一日やっただけで、何か(劇的に)変わるわけじゃない。体を動かさないのが不安なだけで、旅館の近くに公園があったからそこでもいいかなと」

 ――大阪に来ても勉強の時間は取っているのですか?
 「あえて時間を区切ってやらせることはしていないけど、勝手にやってるみたい。2年生は夏の課題、3年生は受験勉強をしていますよ。(宿舎が)同じ旅館の早稲田佐賀さんは、勉強の時間を2時間くらい取っているらしいです。シーンとして素晴らしいなと思って。うちは自由に、自己責任と思ってそういうことはしていない」

 ――生徒に考えさせる野球をしていると。
 「自主性は大事です。僕が考えなくても、生徒もバカじゃないから自分たちで考えている」

■「野球部は人間力を育てるところ」は違う

 ――個々にもそんなに話すことはない?
 「ないですね。放っておいた方が自主性を与えられる。でも、放任じゃない。自由を与えてるけど、行動は見ているので。野球よりも生活態度や学校での態度を小耳に挟んで怒ることの方が多い。『野球(部)は人間力を育てるところ』なんて言うけど違う。悪さをしないために野球をやってるみたいな学校もあるでしょう。でも、野球に縛られたものが外れたら結局ダメになりますよ。ある他校の私立で、謹慎になった学校の先生が『曲がった竹を真っすぐな竹に縛り付けて一生懸命に真っすぐにしようと思っても絶対に無理』と言っていたのを覚えています。素行が悪くても野球がうまいから、といって取るのはダメという話ですよね。挨拶して舌を出してる子がいたり、監督がいなくなってタガが外れる子もいるかもしれない」

 ――そういうことはミーティングで話すのですか。
 「いえ、言いません。僕が思っているだけ。ミーティングはみんな短くてびっくりしますよ。30秒くらい。試合前に『こういう球を狙って、こうしようかな』というときは5分くらい。いっぱい言ったって頭に入らないですから。私の思いつきも予選では結構当たった。天才的なAB型ですから(笑い)」

 ――選手はみな県内出身ですね。
 「県内どころか地元の子がほとんど。鹿児島本線と筑豊本線の交点が(最寄りの)折尾駅なので、校区以外からも来るんです。成績がいい子が野球もできて進学校というのがうちくらいしかないから、意外と集まってくれる」

 ――公立ですが、スポーツ推薦は?
 「推薦入試があります。(来年迎える)創立120周年に向けて学校がスポーツに力を入れてくれて、推薦枠を増やしてくれたみたいです。いつもは推薦で野球部に来るのはだいたい5〜6人だけど、今は2年生に11人、3年生に6人います」

 ――推薦に関して成績は関係なし?
 「冬になると、試験休みがあるので、土日は生徒の勧誘で中学生を見に動くんですけど、成績がいいか聞いて、『悪い』と言われたらもう引き揚げます。推薦でも評定がなかったら話になりませんから。東筑に入る子は『オール5』ばかりで、それでもいっぱい落ちる。満点は『45』ですけど、今は相対評価でなく絶対評価なので、本当にいいのか分からないですが」

※参考までに東筑の偏差値は69、佐賀北は60(普通課程)です。


[1115] 総会の写真 Name:1期 西山 Date:2017/08/14(月) 23:05 [ 返信 ]
第26回総会の3期生の参加者の写真貼っておきます   (^_-)-☆



[1114] 第26回北楠会総会3期生 Name:リボンちゃん Date:2017/08/14(月) 17:22 [ 返信 ]
平成29年8月12日(土)第26回北楠会総会がホテルニューオータニ佐賀で開催されました。
加古川、佐世保、大村からも3期生の参加者が集いました。
楽しく歓談し、和気あいあいでした。




[1113] 酒道とは Name:木村 3組 Date:2017/08/03(木) 11:49 [ 返信 ]
 暑中お見舞い申し上げます。

 今日は、世の酒飲みの方にお勧めの言葉です。
 その昔、日本酒は「ハレの日」の飲み物で、「ケの日」の飲み物ではなかったそうです。
 それからしますと、私のように節操なく毎日飲む者には、「酒道」の精神ははるか遠い存在です。

 私は機会があれば飲みます。
 時には機会がなくとも飲みます。


◎「無礼講」や「駆け付け三杯」本来の意味は 酒道語る

2017年07月15日付け岐阜新聞より無断転載

◆加藤幸兵衛さん講演
 陶芸家の七代加藤幸兵衛さん(72)=岐阜県多治見市=が“酒道”をテーマに講演する「巡盃トーク」が、中津川市手賀野のギャラリー「詩と美術館」で開かれた。
 
 酒道の起こりは茶道や華道よりも古く、「無礼講」や「駆け付け三杯」など現代の酒席にもさまざまな言葉が受け継がれている。だが、本来の意味は−。加藤さんが分かりやすく解説した。
 
 同ギャラリーで9日まで開かれていた加藤さんの個展「シルクロードの陶華」のトークイベント。加藤さんが窯を受け継ぐ多治見市市之倉町は古くから杯生産が盛んな地区で、人間国宝だった父、故加藤卓男さんが中心になって開館した市之倉さかづき美術館がある。
 
 酒道について「夜な夜な赤ちょうちんを目指してふらふら歩く道のことではない」と冗談を交えて語る加藤さん。酒道でいう酒は日本酒のことで、かつては正月や結婚式といった季節や人生の節目の行事、神事など特別な日の飲み物だった。
 
 酒道は室町時代に確立されたといい、無礼講は礼講の対語。礼講は酒席の儀礼で、結婚式の三三九度のように杯を順番に回して口をつける「式三献」などの作法がある。神事では祭壇に酒や米などを供えて祈りをささげ、杯を掲げて乾杯する。こうした儀礼の後、参列者が作法の縛りを受けずに自由に飲食する場が無礼講という。
 
 では、駆け付け三杯は−。今では酒席に遅れてきた人に対し、罰として続けざまにビールなどを3杯飲ませる意味で使われるが、加藤さんは「礼講に出られなかった人の略式の礼講。礼講で順番に3杯口をつける式三献を心静かに1人で行うこと」と説明する。
 
 トークイベントでは参加者が大相撲の優勝力士が使うような大杯に酒を注ぎ、順に回し飲みして味わった。加藤さんは「歴史的に酒は特別な日の飲み物だった。酒を飲んで酔っぱらうことは神の境地にたどり着くこととされた。だから酒癖が悪い人ほど本来は酒癖はいいのかもしれない。飲み過ぎて家に帰っても、神様と十分に交信できたと言えば、酒飲みの言い訳の一つになる」とまとめた。


[1112] お連れ様 Name:木村 3組 Date:2017/07/30(日) 15:38 [ 返信 ]
 最近、3期生の部屋への書き込みが、佐賀、関西、関東の3期会の様子以外ありません。上野さん(13組)が、折角残してくれた3期生の部屋です。何か書き込みませんか。           
ということで、7/21の西日本新聞に下記のようなコラム記事が載っていましたので、無断転載します。
北高卒業後、進学、就職、結婚等で佐賀を離れ、終の棲家をふるさと佐賀以外の地に求められた方も多数おられると思いますが、………。
                            記

半世紀以上も連れ添った妻に先立たれた、横浜市の知人男性からこんな話を聞いた。

男性は葬儀を終えた後、故郷である佐賀県唐津市の寺に納骨するため、羽田空港から空路、九州へと向かった。

 遺骨を機内に持ち込めることは知っていた。
でも入れたバッグがかなり大きく、念のため搭乗手続きの際に中身を伝えた。

機内に乗り込み、上の棚にバッグを入れて席に着くと、客室乗務員がやって来てこう言った。
「隣の席を空けております。お連れ様はどちらですか?」

 搭乗手続きで言ったことが機内に伝わっていたのだ。
男性が「ああ、上の棚です」と説明すると、乗務員はバッグごと下ろしてシートベルトを締めてくれた。

飛行中には「お連れ様の分です」と飲み物も出してくれたという。

 「最後に2人でいい“旅行”ができた」と男性。
その表情を見ていたら、こちらも温かい気持ちになった。


[1110] 早稲田佐賀が初の甲子園へ Name:木村 3組 Date:2017/07/24(月) 08:37 [ 返信 ]
◎早稲田佐賀創部8年目にして初の優勝そして初の甲子園

 昨日行われました第99回全国高校野球選手権佐賀大会で早稲田佐賀が、創部8年目にして初の優勝を遂げ、夏の甲子園に初めての名乗りをあげました。

 同校は、早稲田大学の系属校として平成22年4月、移転した県立唐津東高校跡地に中高一貫校として開校したもので、初代校長には3期生の溝上芳秋氏(3年1組)が就任され、平成25年3月まで務められました。

 開校1年前の平成21年4月に校長(実質開校準備室長)に就任された溝上氏は、文武両道を目指して、全国をターゲットにした学校づくりに邁進されました。

 全国から集まった生徒たちは、勉学にそして運動にと溝上イズムを見事に実践し、東大を始めとする国公立大学への進学はもとより、インターハイ県大会で優勝する部も出てきております。

 野球部は、平成13年の夏の大会で決勝戦に進出しましたが、優勝した有田工業に延長戦でサヨナラ負けを喫し、悔しさというものを味わっております。
 因みに、このときの有田工業のエースは、現在楽天で活躍中の古川侑利投手でした。

 北高同期生の溝上氏は、北高が過去4回県大会で優勝した時は、いずれも他の高校に勤務していて、その場に立ち会うことはできなかった。しかし、今回、スタンドでその優勝を目の当たりにした時の感動は格別のものがあったと語っておられました。

 佐賀西、佐賀北を撃破し優勝した早稲田佐賀にエールを送り、甲子園での活躍を期待したいと思います。


[1111] RE:早稲田佐賀が初の甲子園へ Name:木村 3組 Date:2017/07/25(火) 22:25
 今日、溝上氏とお会いしお祝いを申し上げました。その際、溝上氏からは学校は違うけど、関西在住の北楠会の方には、是非とも甲子園に応援に来ていただければありがたいとの要請がありました。

[1109] 百崎監督勇退 Name:木村 3組 Date:2017/07/20(木) 06:31 [ 返信 ]
 2007年夏の甲子園で母校佐賀北高を日本一に導かれた百崎敏克監督が勇退され、その時の優勝投手であった久保貴大副部長が監督として、今日から始まる新チームの指揮を執ることになったと、報道されました。
 なお、百崎前監督は、今後も野球部にかかわりを持ち、久保新監督をサポートとしていくということです。


[1107] 甲子園に届かず Name:木村 3組 Date:2017/07/18(火) 11:42 [ 返信 ]
残念ながら、0-3で敗退しました。

[1108] RE:甲子園に届かず Name:木村 3組 Date:2017/07/19(水) 10:53
 負け試合でしたので、結果だけを載せましたら、どういう試合内容だったのかと問い合わせがありました。

 私としては、結果が出たものを色々と書いても仕方がないと思い書かなかったのですが、聞かれましたので試合経過を書きます。

 試合は、エースナンバー1を付けた中島投手(三根中出身3年 160p 57s)が先発し、1回裏は2死からヒットを打たれたものの、後続を断ち、まずまずの立ち上がりであった。

 2回裏も簡単に2死を取ったのだが、7番打者にレフト前安打を打たれ、続く8番打者の初球に2塁に走られ、捕手からの送球が悪送球となって走者は3塁へ。8番打者は四球で、2死1・3塁のピンチを迎えた場面で、9番打者に一塁強襲ヒットを打たれ、3塁走者がホームインして1点先取された。

 なおも2死1・2塁とピンチが続いたところで、1番打者にライト線に2点タイムリー3塁打を打たれ、計3点を先取された。

 以後は立ち直り、小さな体で、内外の出し入れと制球力で相手打線をかわし、味方打線の反撃に期待を持たせる投球内容であった。
 
 その打線は、相手の先発した2年生投手のカーブを主体にした変化球と時折投げ込む直球、そして強気な配球にタイミングが合わず、ヒットはわずかに2本と抑え込まれ、チャンスらしいチャンスを作ることもできず完敗を喫した。
 
※百崎監督は再任用(?)され、引き続き監督をされています。 


[1106] 夏の甲子園、ベスト8進出。甲子園まであと3歩 Name:木村 3組 Date:2017/07/15(土) 10:25 [ 返信 ]
 夏の高校野球県予選の真っ最中です。
 昨年までは、試合ごとに結果を書き込んでいましたが、「ネットで見られますので、態々云々」という声がありましたので、書き込みを控えておりました。

 しかしながら、暇を持て余して為すことがありませんので、声は声として、今年も書き込むことにしました。不悪。

 第1シードの北高は、7/11に杵藤地区優勝の塩田工を5−3で破り、昨日(7/14)は致遠館と対戦し、一度は1−4と3点をリードされましたが、連打と足を絡めた攻撃で逆転し、相手の7個のエラーもあって、結果は14−5の大勝でした。

 今年の北高は、昨秋と今春の九州高校野球県大会で優勝したことにより、第1シードになっておりますが、投手は技巧派、打線はコツコツと当てるピストル打線で、大砲は不在です。
 言うなれば、バランスの取れた総合力で戦うチームです。

 高野連関係者に聞きましたら、「北高は第1シードではあるが、絶対的な存在ではない。本命は第3シードの佐賀商業、第4シードの佐賀学園。」ということでした。

 7/18予定の準々決勝の相手は早稲田佐賀ですが、投手は北高と同じく技巧派で、変化球を主体としていて、打線も強力というほどではなく、全体の印象として勝てない相手ではないと思います。

 試合は10:00からですが、試合の途中経過や結果を早く知りたい方は、0952−25−8989(にっこり 野球、野球)に問い合わせてください。


[1105] 50周年同窓会団結式 Name:リボンちゃん Date:2017/07/11(火) 17:15 [ 返信 ]
7月10日(月)マリトピアにて、50周年同窓会準備のための団結式がありました。
50周年同窓会を皆さんで盛り上げましょう!




[1103] 同窓会の案内ハガキを発送 Name: 管理人(広報担当) MAIL Date:2017/06/22(木) 08:35 [ 返信 ]

6月19日に「同窓会の案内ハガキ」を発送するための作業(宛名シール貼り)を行いました。

実行委員会のメンバー・約20人が出席して594枚のハガキにせっせと貼りました。

次回の本通知は、封筒にお知らせと出欠確認の返信ハガキ、および会費の振り込み用紙を同封して、
7月中(7月末頃の予定)に発送します。

◆懇親会の会費=8,000円
◆二次会の会費=2,000円(希望者) 二次会まで参加の方は合計10,000円です。事前に振り込んでください。
(二次会の会場は、懇親会と同じくマリトピアです。)

なお、住所不明者のリストも同封するので、住所不明者情報をお持ちの方がおられたら、
返信ハガキに、住所不明者のお名前・住所を記入してお知らせください。




[1104] RE:同窓会の案内ハガキを発送 Name: 管理人 MAIL Date:2017/06/22(木) 08:37

もちろん、実行委員長も作業しています。




[1102] 住所不明の方、一人追加判明 Name:管理人 Date:2017/06/18(日) 12:54 [ 返信 ]

さらに一人が分かりました。 12組/向井スミ子 (江崎)

明日19日、案内ハガキに宛名シールを貼る作業をします。投函は明後日かな。
案内ハガキが届かない人は、もしかしたら住所不明者になってる可能性があるので、
3期生の部屋に書き込んでいただくか、以下にメールしてください。
info@ad-80.co.jp

.


[1101] 関東三期会 Name:青木伸行 MAIL Date:2017/06/09(金) 13:16 [ 返信 ]
関東三期会が、例年と同じ横浜磯子(ひぜんや)で5月20日に開催されました。
原君に頼まれ、代理投稿





[ HOME掲示板TOP一覧表示ツリー表示トピック表示新規投稿記事検索記事修正・削除携帯用URL管理用 ]

241件〜260件(全640件)  89101113151617       <RSS>    【管理者へ連絡


無料レンタル掲示板・日記・ブログ WebSpace